スポーツ

ナオミ大阪、オリンピックのために戻って隔離すると

ナオミ大阪は故国国民の安全を確保するために役立つなら、今年末東京オリンピックに出場するために2週間より隔離されると述べた。

全豪オープンを控えアデレードで14日間の孤立を終えた2日後、USオープンチャンピオンはホーム土壌でオリンピックに出場するために、すべてを再度行う準備ができていると言いました。

23歳の彼は日曜日の記者たちに「私が感じる方法は、2週間内の部屋でオリンピックを打ちということ」と述べた。

「最後の一つを失った。 東京でプレーは私にとって非常に特別なことになります。 第心配は、この国を開放するので、他のすべての人々の一般的な安全です。

“誰もが別の場所から飛んできます。 私は、国民が安全であると感じると思います。 選手たちは確かにプレーしたいそうですが、大衆が安全だと感じるしたい。」

計画は毎日変わりますが、東京主催者は、現在の競技に参加する11,000人のプレーヤーのための卸売検疫を考慮していません。

大阪の最新の競争前は、9月のUSオープン決勝だったので、彼女は今週メルボルンパークで開かれたギプスランドトロフィーウォームアップトーナメントでかなりの量の試合の練習を楽しみにしていると述べた。

「実際には本当に満足しています。」彼女は言った。 「私には、同じ場所で開催されることをお勧め。 私は通常、私たちがそのような種類の贅沢を得ないことを知っている。 “

USオープンはファンなしで開かれ、大阪は今年最初のグランドスラムが2月8日に開始されると、ファンたちが参加するようになっ喜んだが欠点があると述べた。

「ちょっと誇示したくて、時々群衆に気を取られになると思います。 だから狂ったシーンを撮影します。」と彼女は言った。

“(しかし)観衆が見守るのが本当に好きです。 私はあなたが彼らと対話するように感じます。 時々彼らは大声を出してあなたを笑わせます。」

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  33種目すべて「私も知らないうちに「東京オリンピックがほしいと思う

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close