ナオミ大阪、伊賀スイテック、エマラドゥカヌ、ビリジンキングカップ優勝

Estimated read time 1 min read

ポーランドのIga Swiatek(右側)が2024年4月12日金曜日、スイスビエルのJan Group Arenaで開催されたBillie Jean King Cup予選のテニスラウンドの後、スイスのSimona Waltertから祝われます。 (Peter Schneider/Keystone via AP)

ロンドン(AP) — グランドスラムタイトル優勝者のナオミ大阪、伊賀スイテック、エマ・ラドゥカヌは、すべて金曜日ビリジンキングカップ予選で自国の勝利を収めました。

大阪はエース15個を破ってカザフスタンのユリア・プティンツェヴァ(Yulia Putintseva)を6-2、7-6(5)に破り、日本のBJKカップ決勝進出を一歩進めた。 4回グランドスラム優勝を獲得した2020年2月以降、団体戦初の試合だった。

去る7月、母親になった後ツアーに戻った大阪は、自分が直面した3つのブレークポイントをすべて防ぎ、31-16の優位を占めて優勝を獲得しました。 東京室内ハードコートでの彼女の勝利は、日比野奈緒がアンナ・ダニリナを6-1、6-0で勝ち、5戦3選勝予選ラウンドで日本に2-0リードを与えた。続いて行われました。

土曜日にはシングルス2試合とダブルス1試合が予定されています。

合計16カ国が金曜日と土曜日の予選に参加し、優勝チームは11月にスペインセビリアで開催される12チームで構成されたビリジンキングカップ決勝戦に進出する予定です。 この8チームは決勝戦でディフェンディングチャンピオンカナダ、2023年準優勝イタリア、開催国スペイン、ワイルドカード選択チェコと合流することになります。

金曜日の別の試合では、1位のSwiatekとポーランドがスイスで2-0に先駆け、2021年USオープンチャンピオンRaducanuがイギリスがフランスで1日目を1-1に仕上げるのを手伝ってくれ、開催国オーストラリアはメキシコを2-0に上回り、スロバキアはスロベニアへの訪問に対して2-0で勝利しました。

他のマッチアップは次のとおりです。オーランドで開催されたベルギー対アメリカ。 フロリダ州アメリア島でウクライナとルーマニアが対決します。 そしてブラジルのドイツ。

スイスビエルでフランスオープンで3回、USオープンで1回優勝したSwiatekは、屋内ハードコートでSimona Waltertを5回倒して6-3、6-1で勝利し、マグダレナ・プレヒが再び勝利した。 セリンネフ6-7(8)、7-5、6-3。

フランスのル・ポルテル(Le Portel)でラドゥカヌ(Raducanu)は失敗しましたが、次の15試合のうち12試合で転がり、屋内レッドクレイコートでキャロライン・ガルシアを3-6、6-3、6-2で勝利しました。 。 これは、フランスのDiane ParryがKatie Boulterを6-2、6-0に破った後もイギリスを引き付けました。

2011年、USオープンチャンピオンのSam Stosurが初めてオーストラリア代表の主張を務めるブリスベンでは、アリーナ・ロディオノヴァ(Arina Rodionova)がメキシコのジュリアナ・オルモス(Giuliana Olmos)を3-6、6-3、6 -1で勝利し、ダリア・サビル(Daria Saville)がマルセラ・ザカリアス(Marcela Zacarias)を6-1、6-0で勝ちました。 屋外ハードコートのホスト。 過去5年間で2回も準優勝を獲得したオーストラリアは、1974年以来初優勝を狙っています。

ブラチスラヴァの屋内ハードコートでは、アンナ・カロリーナ・シュミドロヴァがエラナラ・ミリッチを6-4、6-3で勝ち、ビクトリア・フルンカコバはヴェロニカ・エルザベックを相手に6-1、5-7、6-3で勝利した。

___

APテニス:https://apnews.com/hub/tennis

READ  オリンピック:IOCのポンド、日本国民の懸念の理由調査| スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours