スポーツ

ナオミ大阪、反アジア憎悪犯罪反対発言

テニス界のスターナオミ大阪は最近コロナウイルス感染症が原因で、米国でアジア人に対する憎悪犯罪が増加しているとTwitterのフィードから反対しました。

「人々がバブルティー、アニメーション、餅、寿司、抹茶などを好きなだけアジア人を愛しているなら… 「ハイチの人の父と日本人の母があり3歳の時からアメリカに住んでいた大阪は書いた。

「文化から出たものの利益を得て/楽しんだ後、それを作った民族グループを攻撃/減少させることを想像してみてください。」

2019年末、中国中部武漢でコロナウイルス感染の最初の事例が報告されました。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、先週の月曜日、伝染病が始まって以来、アジアの因果アジア系の人々に対する暴力の増加について「非常に懸念している」と言いました。

この声明は、3月16日にアトランタでの白人男性容疑者が銃撃を加えた後、8人の殺人の被害者のうち6人がアジア系の女性であった。

大阪は#stopasianhateハッシュタグと関連して、彼女のインスタグラムにこう書きました。 「これハッシュタグ/スローガンでなければならないということが本当に悲しい。」 「常識でなければならないのに今は世界では常識が珍しいようだ。」

彼女が2番目に優勝した昨年の夏、USオープンの各ラウンドで、大阪はBlack Lives Matterと人種火との戦いを支援するために、米国で警察の暴力の黒人被害者の名前が刻まれた顔のマスクを着用しています。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  F1ベルギーGPファイナル:10ドライバーコメント[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close