スポーツ

ナオミ大阪、新シナティオープンで2連続早期退場

ナオミ大阪のUSオープン準備は、火曜日のシンシナティオープン1ラウンドで全世界1位だった中国のチャン・シュアイに6-4、7-5で押されながらまた別の支障を受けた。

アキレスガンの負傷から帰ってきた大阪の3回目のトーナメントであり、先週トロントで開かれたオープニングラウンドでも腰痛で引退した二度もUSオープンチャンピオンだった彼の復帰は言葉をたどった。

昨年、シンシナティのダブルスチャンピオンであるZhangは2014年以来初めて大会でシングルスを獲得しました。

「ナオミは素晴らしいですが、今日は気分が悪いかもしれません」とZhangは言いました。 「しかし、今日は間違いなく – 今日は彼女の最高ではありません。」

センターコートで開かれた日本の大阪の最初の試合は、開幕サブでZhangに休憩を提供するダブルフォルトで、試合を遅らせ始めました。

それはZhangが33歳の中国人選手と共に最初のセットをつかんだ後、2番目のセットですぐに優位を占め、大阪がずっと失策するにつれて2-1に進むために必要なすべての助けでした。

Zhangが5-4で試合に投入され、大阪はついに相手が即座に反撃し、コントロール力を取り戻せるようにセットを同点にする曖昧なブレーキを確保しました。

2番目に出場したZhangは再びチャンスを逃すことなくエースで勝利を確定しました。

大阪は10個のエースを撃ったが、それ以外はあまり多くない彼女のサブを得た。 4つのグランドスラムの勝者は29の強制されていないエラーを積み重ね、4つのブレーキチャンスのうち1つだけを切り替えました。

Zhangは次に2021年のUSオープン決勝進出者であるカナダのLeylah Fernandezを6-4、7-5に勝ち、優勝したロシアのEkaterina Alexandrovaに会います。

Flushing Meadowsの今年の専攻は8月29日に始まります。

ガウプ怪我

10代のGauffは、予選のMarie Bouzkovaとの最初のセットで遅く左足首を転がし、最終的に7-5 1-0で後退した試合で引退した。

新たに選ばれたダブルスの世界1位は、USオープンを控えて回復を狙い、初のグランドスラムタイトルをめぐって競争する。

ルーマニアのソラナ・シルステアは、スイスのオリンピックチャンピオンであり、12番のシードであるベリンダベンチッチを6-2 6-7(3) 6-4に破り、14番のシード・カロリーナ・フリスコバはヴィーナス・ウィリアムズを7-5 6-1にした。した。

その試合はWilliams姉妹Cinsinnatiダブルヘッダーの最初の試合でした。

先週、USオープン後に引退すると発表したセレナ・ウィリアムズは、火曜日後半火曜日グランドスラム23回の勝者であり、現フラッシングメドウズチャンピオンのエマ・ラドゥカヌと興味深い第1ラウンド衝突でセンターコートを獲得します。

Venus Williamsは、3年前にCinsinnatiでKiki Bertensを破った後、最初のトップ20の相手に勝利を狙った。

しかしチェコは4-4で同率を成し、もう一度崩れ、開幕セットを確定した。

42歳のWilliamsは、3-0リードに向けた最初の機会に、Pliskovaが7回のグランドスラムの勝者を破ったときに片側に偏った2番目のセットで気力とアイデアが落ちました。

Williamsは3-1でサブを維持しましたが、2016年にCincinnatiチャンピオンのPliskovaは次の3つのゲームを一掃しました。

READ  サイモンデニス、トレドウォールアイ復帰契約締結

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close