エンターテインメント

ナオミ大阪、東京オリンピックをめぐり対立| キャンベラタイムズ

スポーツ、地域のスポーツ

ナオミ大阪はコロナウイルス感染症の中で、東京オリンピックを開催すべきかについての紛争を経験しました。 日本を代表する2位のテニス選手は日曜日のイタリアオープンでオリンピックの質問を受けた。 「もちろん、私はオリンピックが開かれるしたいと言いたい。なぜなら、私は運動選手だからです。それは私が一生を待望ことです。」と彼女は言いました。 「しかし、私は本当に重要なことが起こっていると思います。特に、昨年に言葉です。「予期しないことがたくさん起こり、それによって人々を危険にさらす人々を非常に不快にさせたならば、当然、東京オリンピックは、すでに2020年から演技なった日本では、今年の大会の開催に反対が高まっているようだ。 ウイルスとその拡散の亜種は、日本の医療システムにわずか2つの負担を与えている。 ワクチン接種を受けた人口の%。 しかし、地域のオルガナイザーと国際オリンピック委員会は、競技が7月23日予定通りオープンすると主張します。 「一日が終わると、私は運動選手であるだけで伝染病が続いています。」と大阪は言いました。 IOCは、最近ワクチン開発企業であるファイザーとバイオエンテクが東京を準備する運動選手と公務員を接種するために投与量を寄付すると発表しました。 IOCはワクチンがないように、オリンピックが組織されていると繰り返しました。 しかし、運動選手が予防接種を受けるために懸命に努力しました。 大阪は「すべての人をより快適に、安全にしてくれるような感じがする。多くの人が入国するので確実に正しい決定を下すならない」と述べた。 「私は予防接種を受けました。一日が終わったら誰にも予防接種を強制することはできません。しかし、大阪は「五輪に参加する場合、開催国を幸せにしなさい。 」と付け加えました。オーストラリアAP通信

/images/transform/v1/crop/frm/silverstone-feed-data/255a36ad-d191-4a83-a42c-1a4c300a4be2.jpg/r0_74_800_526_w1200_h678_fmax.jpg

READ  MIQ、日本で座礁した癌Trev Pontingにかかったキウイ男性のための決定を覆す

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close