ナオミ大阪は、Ash Bartyとの対決が近づくにつれて、みんな笑顔になります。

1 min read

ナオミ大阪は、水曜日にマディソン・ブラングルを落ち着かせ、オーストラリアのオープンタイトル防御を強化し、トップシード・アシュリー・バティとのブロックバスター衝突に一歩近づいた。

日本の13番シードである日本は1セットを疾走したが、ロードレイバーアリーナで2セットを懸命に走らなければならず、54位の米国を6-0、6-4で抜いて3ラウンドに進出した。

彼女はAmanda Anisimovaが東京オリンピックチャンピオンと22番目のシードBelinda Bencicを6-2、7-5に破った後、シードのない別のアメリカ人に会うでしょう。

アニシモバはグランドスラムを控えてメルボルン夏セットタイトルを獲得した後、7連勝を走っており、より厳格なテストをしなければなりません。

しかし、大阪が勝利することができれば、世界1位とウィンブルドンチャンピオンのBartyと一緒に軍沈が回る4ラウンド対決の展望に直面することになります。 Bartyはこれまで3試合だけを出して不吉な姿を見せています。

二人は精神健康問題を扱うために時間をかけた2021年以降に切り捨てられた大阪のシード配分(2018年USオープン以来最低スラム記録)のため早く会うことができました。

「私は一度に一日一回だけ服用しようとしています」と彼女は言った。 「私の目標は、ただの面白さを感じ、私たちがそれを達成していると感じているので、私たちのチームに本当に感謝しています。

彼女は「今日かなりよく戻ってきた」と付け加えた。 「オフシーズン中、本当に一生懸命働いていましたが、助けてくれて嬉しいです」

最後の3つのオーストラリアのオープンの2つを獲得した4つのグランドスラムチャンピオンは、最初のセットでBrengleに少しのエネルギーを浪費しました。

彼女はすぐにコントロールを掌握してわずか20分で疾走し、相手は勝者が0人で勝利10点に過ぎませんでした。

笑いながらコートで微笑んでいる大阪は、ブレングルがついに1-1でスコアボードに上がり、大きな拍手を受ける前に2番目のセットを始めるためにサブを握った。

それはアメリカ人を持ち上げ、大阪は、彼女の強制されていないエラーの数が増加するにつれて、より厳しい戦いに直面しました。

Brengleのプレッシャーは、7回目のゲームで最終的に彼女が4回目のマッチポイントで崩壊し、大阪がオーバーヘッドバリを放ったときに報酬を受けました。

しかし、日本のスターは勝利を確保するためにすぐに再編成した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  苦軍奮闘するRain or Shineが日本U22を抜いて2番目のJones Cup優勝を獲得しました。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours