世界

ナゴルノ・カラバフ紛争激化アゼルバイジャンなぜ休戦に合意していないか (1/9)| JBpress(Japan Business Press)

アゼルバイジャンはなぜ休戦に合意していないか

BTCパイプラインの建設現場(筆者撮影)

プロローグ
ナゴルノ・カラバフ紛争激化

筆者は、本誌JBpress今年9月30日アゼルバイジャンとアルメニアの間の「ナゴルノ・カラバフ紛争再燃(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62306)」というタイトルの報告書を発表した。


現地での戦闘開始は9月27日の朝5時前後。 双方ともに「相手国で先に攻撃を受けた」と非難して真相はやぶです。

しかし、筆者は、状況から判断して、今回はアゼルバイジャン軍がトルコの軍事顧問団の支援を受けて万全の準備を侵攻を開始したと推測しています。

原稿を執筆した9月29日には、ナゴルノ・カラバフの国連安保理が開催されるようになっており、この場でどのような紛争解決の糸口を見つけることを期待したが、成果はゼロ。


10月1日には、米・露フランス3大統領が即時停戦を求め、3カ国の共同声明を発表したが、これも単なる口先介入だけで終わりました。

10月7日現在の戦況

10月7日現在のアルメニアの群とナゴルノ・カラバフ共和国軍の劣勢は明らかに、アゼルバイジャン側アルメニア軍に占領された土地の奪還に成功しています。

トルコの軍事顧問団がアゼルバイジャンの軍事行動に協力しているという未確認情報もあります。 トルコもアゼルバイジャンてもほぼ同じであるため、コミュニケーションの問題はありません。

最後の大規模な紛争は2016年4月2日に戦争の発端となっ開かれた4日間停電したため、筆者は、今回も短期間で休戦合意に達すると予測していました。

ところが、いや図らんや、アゼルバイジャン側実地奪還を目指すため、戦闘継続の意思を明確に表明した。 10月7日現在、現地で激戦が続いて民間人の被害も拡大しています。

アゼルバイジャン大本営発表によると、アルメニアの群は、BTC原油パイプラインの輸送インフラを攻撃しようとしているとのことですが、筆者はアルメニアの軍が石油・ガス関連施設を意図的に攻撃することはできないと考えております。

この論文では、9月27日から10月7日までの戦況を概観し、現地で今何が起こっているのか、なぜ今回の戦いはまだ続いているのか、双方の武器はどこから供給されているのか、なぜアゼルバイジャン側休戦交渉を拒否しているかどうか、戦闘終結の見通しはあるのかどうかなどを分析したい。

READ  世界最大のMOD共有サイト「自作自演を繰り返し臆病者の仕業」で政治的MODの共有を禁止 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close