スポーツ

ニキータマゼピンアルファ他私たちのF1ドライバー候補に浮上[F1-Gate.com]

ニキータマゼピンガアルファ他私たちのF1ドライバー候補に浮上している。

F1、ロシアGPの週末レッドブルF1モータースポーツアドバイザーを務めヘルムート・マルコは、牧場でニキータマゼピンの父であるドミトリーマゼピンワ会話しているのが目撃されていた。

ヘルムート・マルコは、ドミトリーマゼピンとハイテクGPチーム代表のオリバーオックスと会話をしていた。 その会話は昨年、ハイテクGPで走っていたレッドブル・ジュニアリアムローソンとデニス・ハウがの状況について話をしていると考えられた。

また、ドミトリーマゼピンガその場にいるのも不自然と考えていなかった。 ドミトリーマゼピンヌン息子のために、チームのスポンサーを務めているからだ。

しかし、ホンダがF1撤退を発表したことで、その議論が別の意味で考えることができるようになった。 ホンダは8月にレッドブルのF1撤退の意思を伝えたとし、F1、ロシアGP会談の時点でヘルムート・マルコは、ホンダのF1撤退を知っていたのだ。

2021年アルファ乗ったちドライバ角裕毅が最も有力な候補となっていた。 しかし、ホンダがF1撤退を決定する前に、物語。 もはや火ホンダのドライバーを乗せる必要はなくなった。

したがってドミトリーマゼピンワヘルムート・マルコの会話はニキータマセピンを2021年にアルファ乗ったちに乗せるためだったのではないと考えになった。

ロシアの億万長者であるドミトリーマゼピンハースF1チームの買収の噂があるほどの資金は潤沢である。

今までレッドブルページドライバーを起用したことがなかったが、新たな予算上限がインストールされていることが興味深い選択になるかもしれない。 ドライバの給与は、予算に含まれていない。 また、新しいサプライヤー組む場合火ホンダ時代にはなかったエンジン代金を支払わなければならなくなる。

ニキータマゼピン現在F2ランキング5位を走っており、その順位のままシーズンを終えたら、スーパーライセンスを取得することができる。

ニキータマゼピンヌンF2ベルギーの大会のレース1でトップでチェッカーを受けながらも、5秒ペナルティで2位に降格。 パールクフェルメ機械を打ち込むとき優勝した角田裕毅がある方に2位のボードを飛び出し飛ばし5グリッド降格ペナルティを迎えており、角田裕毅は縁のライバルとすることができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファ乗ったち / ホンダF1

READ  トヨタ:ルマン24時間決勝レポート... TS050 HYBRID 8号車が3連覇!

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close