経済

ニスモ、スカイラインGT-Rのレストランビジネス “NISMO restored car」を開始 – Car Watch

「スカイラインGT-R」(R32)

NISMO(ニッサンモータースポーツインターナショナル)は12月4日、日産自動車が販売した「スカイラインGT-R」(R32、R33、R34)のレス事業」NISMO restored car」を開始すると発表した。

NISMO restored carはニスモならではの価値と品質基準に基づいて性能を担保したレスを実施。 ニスモ直営店で完成車の販売や搬入車両に施工を実施するとする。

ニスモ2017年11月から生産廃止された純正部品の復刻販売を行う「NISMOヘリテージ」を日産自動車との共同プロジェクトで実施している。 その活動を進める中で、ニース模擬スカイラインGT-Rのレース活動を支援した自動車作りのノウハウと、ニスモ直営店で提供してきたメンテナンスとチューニングの知識と技術を基にした「ニスモ考えレスト自動車」を新たに定義する。

NISMO restored car基準は日産自動車の直系であることを生かして、「成果の可視化」と「新車レベルの性能へのアクセス」を掲げる、ニスモ提供する新しいレストラン施工になるとしている。

ニスモ定義レス施工は、視覚的にきれいにするレストという一般的な考え/方法を越えてすべての領域で、「性能も可視化した形でレストする」は、新しい概念で行う。

特に体のレスは基準値に基づいてニスモしかできないレベルの施工では、各部品にも日産自動車で定められた検査と測定に基づいて、すべてのものを数値化してパフォーマンスを確認した。 また、車両1台を構成するすべての部品の続きを交換(部品番号を含む)、点検、再塗装などの履歴を記録して提示している。

1.ボディ:日産の実績もベースにしたニスモ基準に「ホワイトボディねじり剛性の測定」と「体の寸法測定」を含む復旧を行う劣化値の変更された適切なバランスを維持し、総合的な性能を確認。 劣化したシーリング材塗装付着した後、車体全体を好みの色に再塗装。 (オプション:電着塗装メルシート交換)

2.エンジン:全分解点検とバランスキャッチした後、ベンチ台での性能測定とパッケージをして、新車時レベルの性能が出てくることを確認した。 (オプション:NISMOチューニング仕様にアップデート)駆動系 – 動作確認・点検・分解掃除・整備・消耗劣化部品の交換・塗装。 ブレーキシステム – (オプション:希望部位の部品の追加交換)

3.インテリア:清掃(オプション:NISSAN GT-R(R35)の表皮を使用して、インテリアのトータルコーディネートした張替えプラスチック部位の塗装修理)。電装系 – 導通動作確認・点検・放電劣化部品の交換

4.完成検査:シャーシダイナモでの性能測定後ニスモテストドライバーやプロのドライバーによるチェック走行性能の最終確認を行う

また、同社は、世界的に新しい価値を獲得し始めたスカイラインGT-Rをはじめとする日本車をより良いコンディションで後世に残すもつながる活動と考え、この新しい活動をより多くの人々に理解させることを目的とBH AUCTIONでは、BNR32をベースに製作されたNISMO restored carプロト車の紹介、展示を2021年春から実施するという。

READ  日本のFuji Electric、電力チップ事業に3億6000万ドルの支援

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close