ニューエイジ日本の4月のインフレが鈍化し、金利に対する疑問が誘発されました。

1 min read

金曜日の政府資料によると、日本のガス料金が下落し、4月に日本のインフレ率が鈍化し、日本銀行がいつ再び金利を引き上げるかについての疑問が提起されました。

変動性の大きい新鮮食品価格を除いた消費者物価指数は2.2%で、総務部が3月に記録した2.6%より大きく高まった。

この数値は市場予想に適合しており、円安のため輸入品価格が上昇する中でも出てきたものです。

ブルームバーグエコノミックスの木村太郎氏は「このデータは、おそらく消費者の需要不振に対応して企業が価格引き上げを抑えようとする動きを反映したようだ」と話した。

しかし、重要な指標は依然として日本銀行の目標である2%より高く、最新のデータが中央銀行の政策正規化を妨げる可能性は低いと述べた。

米国や他の主要経済国は、近年の高騰インフレと戦ってきたが、日本の物価上昇はそれほど極端ではなかった。

日本銀行(BoJ)の長期間持続した極めて緩い通貨政策は、世界4位の経済大国の低迷とデフレをなくすためのものです。

ウクライナ戦争などの不安定で一時的な要因によるインフレではなく、持続可能な需要中心の2%インフレを目指しています。

3月には目標達成に支えられ、BoJが2007年以来初めて借入費用率を引き上げました。

一部のアナリストは、次の上昇傾向が夏または10月に来る可能性があると予測しています。

中央銀行は、賃金引き上げが銀行関係者が追求する持続可能なインフレを実現するのに役立つだろうとの期待に言及しながら、「好みの賃金・物価循環が今後のインフレを促進すると確信しているようだ」と木村氏は述べた。 。

同氏は「公課金の引き上げが予想されると、今後数ヶ月間のインフレデータも上昇し、7月と10月のBoJ金利引き上げに良い見通しを提供するだろう」と付け加えた。

Moody's Analyticsのアンチミン氏は、「インフレは今後数ヶ月で冷却されるでしょう…しかし、円安とエネルギー補助金の段階的な廃止は、全体的な減速が遅くなることを意味します」と述べました。

バン氏は下半期の賃金引き上げで消費者支出が増え、「需要に応じた価格圧力がある程度提供されるだろう」と付け加えた。

「しかし、賃金指標は揺れており、これは金利の上昇を模索する日本銀行の見通しをさらに複雑にしている」と彼女は警告した。

米国連邦準備制度(Fed)をはじめとする他の主要中央銀行は依然としてはるかに高い金利を維持しており、この格差により先月34年ぶりに最低値を記録した円高に大きな圧迫が加わり、当局は支援を為替外国市場に介入することになりました。

円安は日本輸出業者や外国人観光客には良いが、海外観光客の輸入品と海外旅行費用はより高価になる。

新鮮食品とエネルギーを除けば、4月の価格は2.4%上昇し、3月の2.9%から下落し、市場コンセンサスと一致した。

READ  ART CYR:米国と日本が強調台湾の安全保障| コラムニスト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours