ニューエイジ日本ブランド、20年ぶりに初フィルムカメラ発売

1 min read

若者の間でレトロな写真に対する需要が高まるにつれて、新しいペンタックスフィルムカメラが20年ぶりに初めて発売されると日本メーカーが火曜日に明らかにした。

Ricoh Imaging Companyは、プレスリリースでは、「フィルムカメラの人気は、近年、特にこのタイプのカメラを初めて経験した若い写真家の間で急速に増加しています」と述べました。

フィルムスナップは、デジタルカメラの写真とは異なる「特異で多少香水を呼び起こす雰囲気」を持っていると伝えた。

リコによると、ペンタックス17は今月米国とヨーロッパ、来月日本に発売される予定だ。

現地メディアによると、ほとんどの日本のカメラメーカーは、2000年代のデジタルカメラが主流となり、アナログフィルムモデルの生産を中断したという。

しかし、ソーシャルメディアで昔の感じの写真を共有する傾向が大きくなり、ペンタックスの競合他社である富士フイルムが作った即席および使い捨てフィルムカメラも人気を集めました。

Pentax 17は、ブランドの「約20年ぶりの初めてのフィルムカメラ」と製品デザイナーの武雄鈴木が会社のビデオで語った。

カメラは、古典的な黒のデザインに独創的でモダンな機能を備えています。 各フレームは2つの垂直写真に分割されます。

つまり、24露出フィルムには48枚の写真が含まれており、カメラを裏返すことなく垂直スナップを撮影できます。

READ  ポストマロンからジャクソン王まで:F1シンガポールグランプリで見なければならない8公演
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours