世界

ニュージーランド警察、11年ぶりに災害鉱山で遺体発見

ウェリントン、11月17日(ロイター) – ニュージーランドで最悪の産業災害が発生してから10年余りが過ぎた水曜日、警察がニュージーランドの炭鉱で人間の有害が発見されたと明らかにした。

2010年11月、南島西海岸のパイク川鉱山で発生したメタンガスによる一連の爆発で29人が死亡しました。 2人は近くに脱出しました。

鉱山は安全上の問題により閉鎖され、長年にわたって出入りが禁止されています。 捜査官は結局、2019年に鉱夫家族の電話に基づいてアクセスを許可されました。

2010年11月30日、ニュージーランドの西海岸グレイマウス近くのパイク川の炭鉱換気口の端で炎が燃えている。 REUTERS/The Press/Iain McGregor/Pool

警察は先週末、鉱山で深い掘削作業をしている間に撮影した画像で2体の遺体が確認され、3番目の遺体がある可能性があると明らかにしました。 しかし遺跡は鉱山の入り口から遠く離れており、回収できなかった。

Peter Readは、「遺骨を特定することはできませんが、法医学の専門家と協力して、身元を確認するために何ができるかを確認しています」と述べました。

捜査官らは遺体が発見された地域で6~8人が作業したと見ていると付け加えた。

Praveen Menonによる報告。 ジェーン・ウォーデルの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Greta Thunbergは「blah、blah、blah "演説では、気候の世界の指導者たちを殴打します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close