理科

ニュースナビゲーター:今冬に日本の原子炉のうち9つだけが稼働するのはなぜですか?





2022年3月12日、福井県大石市にある毎日新聞ヘリコプターで撮ったこの写真から関西電力キュウリ原子力発電所の3号(前)と4号原子炉が見られる。 (Mainichi/Takao Kimura)

毎日新聞は、電力不足の懸念の中で最大9つの原子炉が稼働するという岸田文夫首相の約束に応じて、今後の冬に日本で稼働する原子炉の限られた数について読者が持つことができるいくつかの一般的な質問に答えます。

質問:日本にはより多くの原子炉があります。 なぜ9つ?

回答:東京電機電力会社(TEPCO)ホールディングス株式会社の福島第一原子力発電所のメルトダウン以来、日本の原子力発電所は、政府の地震、津波、対テロ安全基準を満たさない限り、操作は許可されません。 全国に合計57の原子炉がありますが、この基準を満たす原子炉はほんの数です。 廃棄予定の24個の原子炉と安全更新が不完全な原子炉を除けば冬の間稼動できる原子炉は9個だけです。

Kishidaは、この9つの原子炉が稼働し、福島第1原発事故以来、新しい基準が制定されて以来、すべて少なくとも1回は稼働すると述べた。 つまり、新しい原子炉はありません。

Q: その9つの原子炉は何ですか。

A:大井(Oi)原子力発電所の3、4号機、高浜原子力発電所の3、4号機、三浜原子力発電所の3号機で、いずれもKansai Electric Power Co.で運営しています。 。 福井県; 鹿児島県仙台1号機、2号機、佐賀県玄海3号機、Ehime県にあるShikoku Electric Power Co.のIkata発電所の3号機。

また、玄海4号機原子炉の大テロ施設は、2023年2月中旬に完工を目指している。 しかし、これらの原子炉はすべて西日本にあり、東日本の電力供給を補うことができる量には限界があります。

Q:他の原子炉の状況はどうですか?

A:上記に加えて、7つの原子炉が安全性審査を通過しました。 ただし、安全対策とともに工事計画検討と工場が位置する地方自治団体の同意も経てば再稼働が可能である。

Q:夏でも電気がたくさん必要です。 これらの7つの装置の1つは来年の夏に作動することができますか。

A:再稼働予定の原子炉は3基ありますが、関西電機の高浜工場にある1号機と2号機のみ来年夏までに準備されます。 この2隻は大テロ施設が完工された2023年6月と7月にそれぞれ稼働する予定だ。

島根県にあるChugoku Electric Power Co.のShimane原子力発電所にある2号機は、再稼働日を掲示していませんが、今年会計年度に安全措置作業を完了する計画なので、来年の夏に稼働することができます。

(日本語原文:吉田拓也、科学環境ニュース部)

READ  素晴らしいビデオは、3日前に中国のロケットが月に墜落したプロセスを示しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close