ニュースナビゲーター:日本も原子兵器開発のための研究を行ったのだろうか?

1 min read





この1948年のファイル写真には、リケンの物理学者の西名義雄が掲載されています。 (毎日)

毎日新聞は、日本が核研究プログラムを持っているかどうかについて、読者が持つことができるいくつかの一般的な質問に答えます。

質問:私はアカデミー賞7枚を受賞した映画「オッペンハイマー」を見ました。 日本も原子兵器の製造を研究しましたか?

答え:生産段階に入るのは遠いですが、有名な物理学者が原子兵器を作る研究を完全に密かに行いました。 1938年、ドイツの科学者たちが原子分裂を発表しました。 ウラン原子に中性子を衝突させると原子核が剥離し、連鎖反応により膨大な量のエネルギーが生成されることが分かった。 翌年、ナチスドイツがポーランドを侵攻し、第二次世界大戦が勃発しました。 アメリカとイギリスは、ナチスが新しい形態の武器を開発することを恐れて原子兵器の研究を始め、日本も軍事主導の研究に着手しました。

質問:研究に誰が参加しましたか?

A:帝国軍は現在、日本最大の科学研究機関であるリケンで「日本現代物理学の父」と呼ばれる吉雄西菜を呼びました。 「ニーゴ研究」プログラムは部分的に彼の名前にちなんで命名されました。 一方、帝国海軍は京都帝国大学(現在の京都大学)の文作荒勝教授や他の人に助けを求め、プログラムを「F研究」と呼びました。 「F」は、「核分裂」または原子核の分裂を意味する。 日本の初のノーベル賞受賞者である秀樹優川もこの研究に参加しました。

Q. なぜ失敗したのですか?

A:主な理由は、十分なウラン鉱石が不足していたためです。 天然ウランには、核分裂が容易に可能な同位元素であるウラン-235の約0.7%しか含まれていません。 研究者は必要に応じて物質を濃縮する技術を開発できなかったようです。 一方、米国はこの技術を使用して原子爆弾を投下し、広島と長崎の都市を破壊しました。 戦後、ユカワは反核兵器と平和運動に専念した。

(生活科学環境ニュース部 池田智宏の日本語オリジナル)

READ  天文学者たちは天の川で500光年の幅の神秘的な空間を発見した。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours