ニューデリー、日本と韓国企業にインドに半導体会社設立を促す

Estimated read time 1 min read
糸田高志 / 読売新聞
インド国立産業回廊開発公社(中央)の高位管理が11月8日、インドのグジャラート州で日本企業代表団と対話している。

インドアーメダバード – 米国が中国への対応策として米国企業のインド投資を奨励する中、インド政府は米国と韓国、日本企業にインド工場設立を圧迫している。

しかし、インドが「半導体強国」になるまでは、工業用水の確保や物流網の構築など多くの課題に直面している。

巨大なサイト

去る8日、日本40社余りの企業高位関係者など80人余りの代表団がインド西部最大都市アメダバードから約100km離れた産業団地であるドレラ特別投資地域(SIR)を訪問した。 ニューデリーから約1,000kmのグジャラート。

Dholera SIRの面積は約92,000ヘクタールです。 大規模敷地には工場、住宅、商業施設、空港、港湾施設などが入る予定だ。 このプロジェクトには1兆円以上の費用がかかると予想される。

このプロジェクトを監督しているインド国立産業回廊開発公社(NICDC)のRajesh Singh会長は、「私たちはプロジェクトに参加する企業を支援するためにあらゆる努力を惜しまない」と述べた。

しかし現在、ドーレラは一部道路や浄水施設など部分的にのみ開発された状態だ。 工場の建設作業はまだ始まっていません。 雪が届くほど広大な沼地が広がっています。

このプロジェクトの一環として、ドレラとアメダバードを結ぶ高速道路が2024年に開通される予定だが、工事はほとんど進捗していない。

代表団は半導体製造に必須の工業用水確保、人材確保、電力安定供給などについて質問した。

これにNICDC関係者は「問題ない」と繰り返し答え、多くの会員を混乱させた。

インドの熱烈な販売攻勢とは異なり、一部の代表団は「他の国では半導体産業が根付くまでに20年以上かかった」とし「国内半導体産業を活性化しにくい」と懸念した。

遅滞の懸念

インド政府は製造業振興のために「Make in India」キャンペーンを行っており、国内で製品を作る企業に洗剤の恩恵を提供している。

インド政府は、産業用製品の生産の重要な要素である半導体産業に焦点を当てています。 政府はこの分野を育成して製造業部門を強化する計画だ。

一方、米国は、インド太平洋地域で立地を強化している中国を牽制するために、米国企業がインドに事業を拡大するよう奨励しています。

6月、米国の巨大半導体企業ミクロンテクノロジー(Micron Technology, Inc.)は、グジャラートの他の工業団地に新しいフラッシュメモリ組立工場を建設すると発表した。 同社はまた、Dholeraによる事業拡大を見直している。

経済安全保障の観点から、日本が中国と一定の距離を置いているインドと協力することがますます重要になるだろう。

去る7月日本とインド政府は半導体サプライチェーン構築のための了解覚書(MOU)を締結した。 この問題の最初の議論は11月10日にオンラインで行われました。

インドはまた、韓国や他の国々にインドに投資するよう求めています。 これに対して一部の日本政府関係者は最悪の場合、ドレラの敷地がいっぱいになり、日本企業が拡大する余地がない状況になると懸念した。

日本国際協力銀行(JBIC)アジア・太平洋地域総括根岸安明は「日本企業の懸念をインド側に伝え、企業が適切な決定を下すように措置を取るよう要請したい」と話した。 、NICDCに投資しました。

READ  5月の日本食業界売上、ファンデミック以前の水準を超えた
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours