スポーツ

ニュ5年ぶり全日本V」ベテランらしく良い演技 ” – フィギュア:日刊スポーツ

男フリーで演技する羽生(代表撮影)

<피겨 스케이팅 : 전일본 선수권> ◇2日◇26日◇長野市ビッグハット◇男無料(FS)

冬季オリンピック2連敗チャンピオンから約10ヶ月ぶりの実戦復帰の羽生結弦(26 = ANA)が5年ぶり5度目の優勝を占めた。 フリーが4回転ジャンプの4つの成功し初披露の「天と地」のプログラムの世界を実装して215・83点。 総319・36点の圧勝だった。

試合後の記者会見で、新型コロナウイルス感染が拡大する中、痛みを言った。

– 困難な時期があったのか

羽生底まで落ち切った。 自分がしていることが無駄に見える時期がすごくあって、教育や練習方法とか、自分で振り付けを考えてはいけない圧力自らプロデュースなければならない圧力、元クワッドアクセル(4回転半)とプレーできるかどうかのか。 しかし、私の中に入ってくる情報は、すべて素晴らしいよくて、みんなよくなっていて、1人だけ残されているというか。 1人だけただ闇の底に落ちる感がある。 一人でするよ今嫌いやめようと思ってたんです。 「春よ来い」と「ロシアより愛をこめ “のとき、スケート好きであると思いました。その後、もっと自分のために勝手にされて、あなたのためではなく、自分のために試合を続けてもいいかなと思ったときに踏み出すときでしょうか。トリプルアクセル(3回転半)だけ走るなかった時期もあったので、そこから比較すると、今では成長できたかなと思います。

– アクセルすら出場できなくなった時期は

羽生かなり長く、その期間。 事実、10月末くらいまでありました。 ただ、そこから少しずつコーチにメールをして、ビデオを送ってアドバイスを受けたり、頼ることができ始め。 リアルタイムで話をすることができず、自分の感覚と、これまでの経験で練習を構築するしかないんです、そういう意味では、わずかに何か本当の困難、自分がここまでスケートをしてきて鍵山選手宇野選手の技術にうまくいって、高齢者のような感じが私の中にあって。 クワッドアクセルを練習すれば、ますます他のジャンプが崩れていく。 そんな悪いスパイラルに入ったから怪我をしたことをよくすること、そのようなことを消化して、ベテランらしく良い演技をすることができたと思います。

READ  なんてルー・クビアート "F1は政治がらみの厳しいスポーツ" /アルファ乗ったちホンダF1[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close