スポーツ

ニーテスは日本の再戦でイオカを支配したい。

FOUR-DIVISION世界チャンピオンのドニー・ニエテス(Donnie Nietes)は、2022年7月13日に日本で行われる再対決で、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級チャンピオン・イオカ・カズト(Kazuto Ioka)を制圧しようとしています。

ニートのコーチエドムンド・ヴィラモールは、SunStar Cebuとのインタビューで、「私たちはすべてのラウンドで勝利しなければ故郷の決定を下さない.

「機会になると、ノックアウトを目指します。 しかし、彼が出馬することを知っているので、難しいでしょう。」

39歳のNietesはWBOが選んだスーパーフライ級ランキング1位であり、必須挑戦者としてIokaと戦うでしょう。 彼はまた世界ボクシング協会(WBA)で3位、世界ボクシング協議会(WBC)で4位、The Ring Magazineで9位に上がりました。

Nietesは2018年に空のWBOスーパーフライ級ストラップを置き、梨智勇と戦った。 Nietesはスプリット判定でイオカに勝った。

Nietesは同僚Pinoy Aston Palicteと再戦し、ベルトを守る必要がありました。 しかし、ニートはベルトを空にし、より良い機会を見つけることにしました。 Nietesはほぼ3年間大将であり、ディビジョンのエリートと戦うための提案を受けなかったので、その決定はうまくいきませんでした。

Nietesは2021年に復帰し、Pablo Carilloに対する全会一致の決定に勝利しました。 彼は2021年後半にNorbelto Jimenezとスプリット引き分けを決めました。

Nietesのベルトを空にすることで、Iokaは2019年に空のWBOベルトのためにPalicteと対決する機会を得ました。 彼はPalicteを10ラウンドで停止した。 33歳のIokaは、挑戦者Jeyvier Cintron、Kosei Tanaka、Francisco Rodriguez Jr。 そしてRyoji Fukunagaを破り、4回のベルト防御に成功しました。

Nietesは、Iokaを準備するためにMandaue CityのVillamorボクシングジムで、世界中のタイトル挑戦者Jo Santisimaと彼の弟Alex SantisimaとEsneth Domingoとスパーリングを行っています。

Nietesは43-1-6、23個のノックアウト、Iokaは28-2、15個のノックアウトです。

婦人声明

SunStarのウェブサイトは友好的な議論を歓迎しますが、このサイトに掲載されたコメントはSunStarの経営陣や関連会社の見解を必ずしも反映しているわけではありません。 SunStarは、通知なしにここに投稿されたコメントを削除、複製、または修正する権利を留保します。 不適切な投稿は自動的に削除されます。

フォーラムルール

ポルノを使用しないでください。 いくつかの言葉は禁止されています。 トピックに忠実です。 ディスカッションから離れないでください。 一貫性を保ちます。 音を鳴らしたり、大文字を使用しないでください!

READ  「非凡な能力」キャディージョンマクラーレン引退

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close