理科

ネイティブアメリカンが日本から来た古代の歯の問題の理論解析

歯を分析した結果、ネイティブアメリカンが古代日本の組モン族の直系の子孫ではないことが明らかになりました。 (画像クレジット:Shutterstock)

古代の歯の新しい研究によると、アメリカ先住民は、以前の考古学的な証拠が示唆しているように、日本で起源していないことがあります。

長年考古学者は北アメリカに最初に居住した人が約15,000年前の古代日本を占領した縄文というグループの直系の子孫であると予測しており、同時に人々は、約15,000年前にベーリング地峡を介して北アメリカに到着しました。 、海面がその上に上昇する前に、以前にロシアと北アメリカを接続していた土地のストリップ。 この理論は、アメリカ先住民の縄文集落で発見された石器は、特に発射体武器の考古学的類似性に基づいています。

READ  物理学者は、高温プラズマの内部のパルスで光の速度を破るました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close