トップニュース

ネットフリックス、日本でのスペースの拡張、東京の象徴的なToho Studiosスペース賃貸

ネットフリックスは、ソウルに新しいスペースを借りると発表した後、コンテンツと制作スペースの面で、日本での地位を広げることです。 ストリーミング巨人は東京の象徴的なサウンドステージ2つを借りる予定です。 Toho Studio 今後数年間。

これはネットフリックスが2021年4月から日本のコンテンツやプロジェクトを拡大するという約束とネットフリックスのアジア全域拡大と一致する。

Toho Studiosは、日本映画製作の基盤を構築した最も重要な映画のいくつかの故郷であり発祥の地です。 ここでは、黒澤明の セブンサムライ そして ゴジラ 映画シリーズ – 日本映画と大衆文化で重要な役割を果たした映画。

Netflixの実写制作管理マネージャであるTeiji Ozawaは「日本映画とシリーズの操作でキャリアを積んだ人としてToho Studioは、常にプロジェクトを夢見たところでした。」と言います。

このスタジオは、日本で最大のスタジオの一つであり、毎年数万人のアーティストを迎えています。 2021年4月からNetflixはスタジオのStage 7およびStage 10と東京のSetagaya Wardにあるいくつかのスタジオ施設の両方を利用することができます。 今後二つのプロジェクトは、人気漫画とアニメの実写脚色、 Yu Yu Hakusho そして、日本のドラマシリーズ、 聖域 今年末デビューのための新しい空間を活用する予定です。

Toho Studioの社長兼CEOであるMitsuru Shimadaは、「NetflixがToho Studioの驚くべき才能の名簿に合流することになってうれしいです。全世界の視聴者にインスピレーションを与えるエンターテイメントを提供し続けることを期待しています。」と言います。

このパートナーシップは、Netflixが日本の成功に続き、日本の話の賭けを表示します。 ボーダーランドのアリス すでに第二シーズンに確認された。 今年は15を超えるオリジナル実写とアニメーションのタイトルもリリースされる予定です。

詳細:2021年ネットフリックスで見る人気のある日本のドラマ10選

READ  社会:ニュース:読売新聞オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close