エンターテインメント

ネットフリックス、日本で多くの者が家に滞在し、ストリーミング値上げ



Netflix Inc.が提供する画像は、会社のロゴを表示します。

東京 – ストリーミング巨大ネットフリックス(Netflix Inc.)は、2月5日、日本の2つのプランの購読料を最大約13%引き上げたと発表しました。

3つのオプションのうち、「スタンダード」プランの月額使用料が170円値上げされた1,490円(約$ 14)、「基本」プランの料金は110円値上げされた990円(約$ 9)です。 この二つの共通の計画には、多くの加入者がいます。 一方、加入者が高画質4Kコンテンツを見ることができる「プレミアム」プランは月に1,980円(約19ドル)である。 新しい料金は、2月5日から、新規加入者と3月から、既存の会員に適用されます。

日本の有料ネットフリックスの加入者数は、2020年の夏に500万人で、前年夏より約200万人増加した。 この増加は、他の要因の中でも、コロナウイルス感染症の中で家にとどまるライフスタイルに起因したと思われます。 この会社は、日本の漫画シリーズを脚色したオリジナルドラマ「ボーダーランドのアリス」を制作してアニメーションをストリーミングするなど、日本への投資を拡大しました。 Netflixは2021年に25以上のオリジナル作品をストリーミングする予定です。

ネットフリックスの関係者は、購読料を修正して、様々なジャンルのドラマと映画を続けてストリーミングする計画だと説明した。

(文化新聞部笹本弘樹、日本原作)

READ  ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスーパー任天堂の世界が再び延期

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close