トップニュース

ネットフリックス、日本の象徴的なTohoスタジオでサウンドステージ2賃貸 – 仕上げ

Netflixは、日本の象徴的な映画スタジオTohoで2つのサウンドステージを借りる契約を長年締結しました。

この契約は、2021年4月に開始され、Netflixの今後の日本のプロジェクトの中で二つに開始されます。 Yu Yu Hakusho 聖域、 両方の今年撮影する予定です。

ストリーマーは今年の映画を含む日本で25以上の実写とアニメーションのタイトルを発売すると言いました。 乗ったり死んだり、我々は大人になることができなかった 浅草キッド、シリーズのような 裸の監督 シーズン2と、次のような非スクリプト形式 製作者ファイル:ゴールド。 昨年ネットフリックスはプロデューサーNAZ、Science SARU、MAPPAとの取引を含めて今後の日本のアニメコンテンツも公開した。

Toho Studioは、日本最大の映画スタジオであり、Akira Kurosawaの セブンサムライ そして ゴジラ 映画シリーズ。

「日本映画とシリーズの操作をしてキャリアを積んだ人としてToho Studioは、常にプロジェクトをインポートしてたかったところでした。」Netflixの制作管理担当マネージャー、実写Teiji Ozawaが言いました。

READ  日本のケチャップ王、トマト禁止に腎臓不買運動に参加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close