ネパティア、大阪コンサートで日本ツアー仕上げ

Estimated read time 1 min read

カトマンズ、8月18日

ネパールの代表的なフォーロックバンドネパティヤ(Nepathya)が10日、大阪難波ハッチ(Namba Hatch)で華やかなコンサートを開催し、日本ツアーを終えた。

バンドのリードシンガーAmrit Gurungがバンドを舞台に導き、ヒット曲「」で公演を始めた。コシコパニヨジンガニフルハウスアリーナを楽しませてくれる。

公演中途中のバンドのボーカル・アムレット・グルンが観客たちとコミュニケーションをとり、ネパールの山を訪れてほしいと頼んだ。 彼はまた、ネパールの聴衆にネパールの文化と遺産を保存するように促しました。

コンサートが進行中、バンドは「」などのヒット曲を演奏した。リシャム‘、’ベダコウン‘、’チェキョーチェキョウ‘、’アガナイバリ、何よりも。 フォークメロディでいっぱい」シラプーラ「感情的なヒット」要する‘、ネパティヤのボーカルアムレットグルンと一緒に客席を振って歌を歌った。

コンサートの終わりに、ネパティアのファンはAmrit Gurungで歌って踊りました。 バンドの演奏でコンサートが終わりました。ラトラ・チャンドラ・スリヤ」。

いつものように、Amrit GurungはドラムのDhruba Lama、キーボードのSuraj Thapa、ベースのSubin Shakya、ギターのNiraj Gurung、madalのShanti Rayyamajhiのサポートを受けました。

公演は2時間以上続き、16曲が演奏され、2つのミュージックビデオが大画面に表示され、観客を楽しませたと主催側は語った。

大阪コンサートで撮影されたすべての写真はネパラヤから提供されました。

READ  「ジョス」と子供の恐れが日本のホラー映画「ハウス」にどのようにインスピレーションを与えましたか?
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours