理科

ネプチューンの新しい謎の移動消えるように見えた暗い点が意外なUターン| sorae宇宙のポータルサイト

ハッブル宇宙望遠鏡が2020年1月に撮影した海王星(Credit:NASA、ESA、STScI、MH Wong(University of California、Berkeley)and LA Sromovsky and PM Fry(University of Wisconsin-Madison))

ここでは、“ハッブル”宇宙望遠鏡によって2020年1月撮影されたネプチューンの様子です。 太陽から約30天文単位(※)離れた軌道を公転する海王星、冥王星が惑星から準惑星に分類されるようになって以来、太陽系で最も外側の軌道を回る知られている惑星として知られています。

※… 1天文単位=約1億5000万km。太陽から地球までの平均距離に由来

画像の中央に幅約7400kmの「ダークスポット」が写っています。 1989年にネプチューンを低空飛行した惑星探査機「ボイジャー」2号によって初めて観測された暗い汚れは消滅出現を繰り返していて、ここに写っているのは、1993年以来、ハッブル宇宙望遠鏡が4番目に発見された暗い点です。

関連:ネプチューン再び「大黒点」の姿を確認

この暗い汚れても、今までに発見されたものと同様に消滅するものとしたが、その予測を覆し、新しい謎をもたらしたして、研究者たちを驚かせています。

ホブルルル運用する米国の宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)によると、高気圧の渦であるネプチューンの暗い点は中緯度で形成された後、赤道を向かって移動していくと言います。 暗い点はコリオリの力の作用で回転しながら安定的に存在しているが、赤道に近づくほどコリオリ力が弱くため、すぐに崩れて消滅します。

ところが、先頭の画像に映る暗い点は2018年9月発見から1年後の観測から赤道を向けて南下していることを示していたが、北にUターンしたことが2020年8月まで確認されたとします.UCバークレーのMichael H. Wong氏「今までに観測されたことのないプロセスである」と述べた。

暗い点が進路を反転させたのは初めてのイメージが撮影された2020年1月頃と予想されていますが、その頃暗い汚れも側に幅約6200kmの他の暗い点が出現。 先頭の画像では、中央に見えるダークスポットの右側に新しい黒い斑点がうっすらと写っています。

Wong氏は、当初、「黒い斑点が崩れている」と考えていたのですが、新たに出現した黒い斑点が数ヶ月後消滅したのに対し、元からあった暗い点は北に逆転したことも離れていきました。 Wong氏は、新たに出現した黒い斑点は、元からあったダークスポットの一部が彫られたもので、赤道に移動が停止することができることと関係しているかもしれないと予想していますが、両方の黒い斑点の関連性を「証明することができません “も言及したします。

また、2018年に発見された時代の暗い点の周りにメタンの氷の結晶になった白い雲を伴っていましたが、濃い斑点が北に反転した頃、この雲は、消滅したと見ることができます。 研究者は、この雲の消滅が暗い点の進化についての情報をもたらすことができると思います。

先頭の画像は、ハッブル宇宙望遠鏡の「広視野カメラ3(WFC3)」による観測データをもとに作成されたもので、STScIで2020年12月15日決済に掲載されています。

ハッブル宇宙望遠鏡が2018年9月に撮影した海王星。 中央に黒い斑点の周りに白い雲が写っている(Credit:NASA、ESA、and A. Simon(NASA Goddard Space Flight Center)、and M. Wong and A. Hsu(University of California、Berkeley))

ハッブル宇宙望遠鏡が2018年9月に撮影した海王星。 中央に黒い斑点の周りに白い雲が写っている(Credit:NASA、ESA、and A. Simon(NASA Goddard Space Flight Center)、and M. Wong and A. Hsu(University of California、Berkeley))

関連:地上での撮影なのにハッブルレベルに鮮やか。 「適応光学」を利用したネプチューンの画像

画像クレジット:NASA、ESA、STScI、MH Wong(カリフォルニア大学バークレー校、)、LA SromovskyとPM Fry(ウィスコンシン – マディソン大学)
出典: STScI
文/松村武宏

READ  NASAのニューホライズンズ冥王星宇宙船は太陽から50AUでまだ探索中です。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close