ノアム(Noam)とアルマオル(Alma Or):ハマスの捕虜から解放されたイスラエルの10人の兄弟。 しかし彼らの母親が殺されたという事実を知った。

Estimated read time 1 min read



CNN

ノアムとアルマ・オルがガザ地区に捕らえられていた50日間、兄弟姉妹は一つの考えにとらわれていました。 ハマスが自分たちのコミュニティを残酷に攻撃していた10月7日に別れた母親と再会することでした。

しかし、土曜日にノアム(17歳)とアルマ(13歳)が一緒に解放されたとき、「この夢は彼女が殺されたという事実によって散らばった」と、彼らの兄弟の叔父、アハル・ベソライ(Ahal Besorai)は言いました。

「私の妹、彼らの母親は10月7日に殺されました。 子供たちはその事実を知らなかった」と彼はフィリピンでCNNとのインタビューで言った。 「拉致当時一緒にいると思いましたが、最初から別れた仲でした」

「最初の国境を越えておばあちゃん、兄に会ったときに最初に触れたニュースは、お母さんが亡くなったという事実でした。 そしてそれは彼らにとって非常に感情的で衝撃的な瞬間でした」とBesoraiは付け加えました。

兄弟たちの父ドロルはまだ行方不明の状態でガザ地区に捕虜になっていると推定される。

その家族は、ガザ国境の近くに位置する約1,100人の住民で構成された緊密な農業コミュニティ、ビエリキブーツに住んでいました。 しかし牧歌的なキブツは10月7日の国境を越えて近隣地域社会を包囲するハマス武装勢力の主要標的の一つで、流血事態と破壊の現場となりました。

武装勢力は子供を含めて120人以上のベエリー住民を殺害し、他の人も拉致しました。 彼らは人々の家に火をつけ、略奪し、盗み、そして可能なすべてを破壊した。 その日、イスラエル南部全域でハマス武装勢力によってほとんど民間人である約1,200人が殺された。

ノアムとアルマが両親と別れ、ハマスの人質で捕まったのは、このような混乱と恐怖の中でした。 ガザ地区にいる間、彼らは家に連れて行かれ、キブツ出身の他の女性と一緒に部屋に閉じ込められたとBe’eriで育ったBesoraiは言いました。

彼は兄弟姉妹が経験したことを詳しく説明しておらず、愛する人たちは依然として人質で捉えられており、家族の負担を加重したくないと言いました。 しかし、彼は「いくら言っても楽しくなかった。 それはひどかった」

「彼女は母親にさよならを言わなければならなかった」:ハマスが釈放した13歳の少女の叔父さんがCNNとのインタビューで話した。

ハマスはイスラエルとの釈放交渉前にガザ地区で200人以上の人質を抑留したと推定されます。 画期的な休戦協定に基づき、イスラエルの市民と他の国民グループは、先週の金曜日から毎日釈放され、イスラエルはパレスチナの女性と子供を刑務所から釈放したが、これらの多くは起訴されたか、刑を宣告されたことがない。

解放された人質の家族から捕虜生活がどうだったかについての最初の洞察力を提供する話が流れ始め、最初の4日間の休戦は月曜日にさらに2日延長されました。

ノーアム、アルマ、そして部屋にいた3人目の女性は日記を共有しましたが、兄弟姉妹は解放中に日記を持って来ることは許されませんでした。 実際、彼らは自分たちが解放されたという事実を全く気付かず、ハマスは第三の人質にこの事実を隠すための措置を取ったと彼は付け加えた。

武装勢力は「トイレに行くという計略で」兄弟姉妹を部屋の外に連れて行った後、手錠を満たして目を隠した後、赤十字社に引き継がれるところに連れて行く車に乗せました。 ベソライは言った。 「彼らは一人で残された女性にこれを隠そうとしました。だから(それが)彼女にある程度心理的な圧力をかけたかもしれません。」

ベソライが「美しい人」だと説明したノアムは、兄弟姉妹が耐えたことがあった後も危機に瀕したガザ地区の人々に同情を表明しました。 ハマスの資料によると、10月7日以降、イスラエルの攻撃で14,800人以上のパレスチナ人が命を落としました。 そこで保健当局を運営してください。

「彼らが(ハマス車で)赤十字で歩いて手を握っていたとき、ノアムは妹のアルマに、彼らがガザ人、すなわち民間人に囲まれているのでとても残念だと言いました。 彼は「彼らはここに滞在し、私たちは家に帰るので残念だ」と言った」とBesoraiは言った。

今、兄弟は自由になり、家族は彼らの回復に集中しています。 過去2か月の間に体重が減ったが、それ以外は「大丈夫」とBesoraiは言った。 それにもかかわらず、彼は捕虜生活が彼らに与えた被害と残り得るトラウマについて心配しています。

「私が彼らと話をしたとき、13歳の姪であるアルマと初めて話をしたとき、彼女はZoom通話に来たときに非常に大きな笑顔と輝く目を持っていました」と彼は言いました。

「そしてこれが私の頭の中にありました。 この輝く目の後ろには何がありますか? この恐ろしい試練の後、彼らの内面の深いところには何がありますか? 私としては評価するのが非常に難しい」

READ  世界最長のクリスマスフェスティバル
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours