ノースカロライナ州、岸田日本首相の歴史的訪問者を歓迎ビジネス

Estimated read time 1 min read

ノースカロライナ州ローリー(AP) – 岸田文夫(Kishida Fumio) 日本首相は金曜日、米国公式訪問中にワシントンを訪問し、人口が最も多い9週目に設立されたベンチマーク日本企業を確認し、ノースカロライナとの経済的関係と文化的友好をしっかりとしました。 後で学生と話をする計画です。

その間、岸田はローリーにある知事官邸で昼食をとり、これはタールヒル州で外国の首長としては歴史的な最初のことでした。 民主党の知事ロイ・クーパー(Roy Cooper)と彼のオフィスによると、日本はノースカロライナ州最大の外国人直接投資(FDI)源泉であり、現在200社以上の日本企業が店舗を設立して30,000人以上の従業員を雇用しているそうです。

「日本とアメリカとの多層的で強力な関係を示すためにここノースカロライナに来ることができて光栄です」とキシダはマンション宴会場で通訳者を通じて語りました。 約60人が受賞歴のあるノースが作ったメニューを食べました。 カロライナシェフAshley Christensen。

これまで、岸田さんのアメリカ訪問はグローバル安全に重点を置いていました。 彼はジョー・バイデン大統領に会い、中国軍に対する安全保障の懸念を議論した。 最初の3者サミット 米国、日本、フィリピンの間で合意が行われ、米国が世界安全保障に参加し続けなければならないという合同議会のスピーチを通じてこれを主張しました。

しかし、2021年から日本首相を務めた岸田首相は、旅行前に自身のウェブサイトに掲示された翻訳によると、日本とアメリカのパートナーシップがワシントンを超えて拡大することを示すためにノースカロライナに立ち寄ることにしたと述べた。

Kishida、Cooperおよび他の人々は金曜日の朝Honda Aircraft Co. 生産施設と最終的に5,000人以上の従業員を雇うと予想されるトヨタモーターコープ。 電気およびハイブリッド電池工場の建設現場を訪問するためにグリーンズボロ地域に旅行しました。 。

Kishidaと彼の妻が木曜日の夜、他の日本企業であるFujifilmの子会社であるRaleigh-Durham国際空港に到着する数時間前に追加発表をしました。 12億ドル投資 今後のバイオ医薬品製造工場と別の680の雇用があります。

ノースカロライナ州グリーンズボロ大学の日本の講師である高木千明は、今週の首相の訪問が彼女を驚かせたが、これは日本とアメリカの間の「肯定的な未来パートナーシップ」と、より多くの日本人労働者が米国に来る信号である可能性があると述べた。

「このすべてが、この地域に日本とアメリカの間で非常に活発な文化交流に参加する機会を提供します」と高木氏は語った。

今回の昼食会は、1891年の記録管理が始まって以来、外国首脳が知事官邸を訪問したのは初めてだと、州自然文化資源部が明らかにしました。

クーパーは、昼食会で「私たちが多くの共通の関心を共有している日本の最も近い同盟国であり、友人の一人で始めるよりも良い方法は何ですか」と述べました。 「それで今日、私たちは素晴らしい友達を歓迎し、歴史を作りました。」

岸田、クーパーなどは、金曜日の後半にローリーのノースカロライナ州立大学に行き、中学生から日本語を勉強する大人まで、さまざまな学生に会う予定でした。 彼らは1980年に日本東京訪問後、ジムハント(Jim Hunt)元知事などが設立した日本センターを訪問する予定だ。 ノースカロライナ州立大学はまた、日本の名古屋大学と長い間正式な関係を築いています。

金曜日の午前、岸田の妻ユコ(Yuko)とノースカロライナ州の領主、クリスティン・クーパー(Kristin Cooper)は、ダーラムのサラ・P・デュークガーデン(Sarah P. Duke Gardens)で伝統的な日本茶を分けました。


RaleighのAssociated Press作家Gary D. Robertsonがこの報告に貢献しました。

著作権2024 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  日本の瑞穂、資産運用事業を強化するために取引を模索
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours