トップニュース

ノーベル賞受賞者、日本の研究環境への懸念提起

今年のノーベル物理学賞を共同受賞した日本生まれのプリンストン大学の気象学者真鍋宿で(Syukuro Manabe)は、日本の頭脳流出について、科学者と政策立案者との間の対話不足を非難しました。

真鍋(90)は、より良い研究環境のために海外に出国した日本の科学者たちの象徴とされる。 別の例としては、2008年のノーベル物理学賞共同受賞者であり、シカゴ大学名誉教授であると南部陽一郎があります。

Manabeは博士号を受けた後、米国に移住しました。 1958年、東京の大学で気象学の博士号を取得しました。 彼は後にアメリカの市民権を取得しました。

彼は、日本では、過去よりも「好奇心による研究」がますます減っている懸念と言いました。

真鍋は10月5日プリンストン大学で開かれた記者会見で、「好奇心は、私のすべての研究活動を導く原動力」と述べた。 “あまりにも簡単ではないが、気候変動を理解しようとする試みが、本当に面白いです。”

これらのコメントは、研究費の割り当てのポリシー議論が行われている間に出てきた。

アメリカに移住することにした自分の決定について語り、彼の科学者たちがそこで本当に勉強したいことを追求することができると言いました。

彼の研究を実施するために必要なすべての計算装置にアクセスすることができると言いました。

Manabeは、日本の政策立案者や研究者の間で断絶があると言いました。 国内の研究環境を改善するために、「互いに疎通」をよりよくすることができる方法の詳細については悩んでもらっ頼んだ。

真鍋は今世紀初頭以来、28回目の日本生まれのノーベル賞受賞者であり、自然科学分野の19番目の受賞者です。 日本は自然科学分野では、米国に続いて二回目です。

しかし、ここ数年の間、日本の研究能力の低下に対する懸念が提起されました。

日本政府機関によると、今年、日本は2017年から2019年の間に引用された科学論文のランキングで世界で記録的に低い10位に落ちた。

ノーベル賞有力候補に挙げられている化学であり、東京理科大学名誉教授藤嶋昭(Fujishima Akira)が世界初のアメリカを追い越した中国に研究拠点を設ける準備をしている中で、この報告書が出た。 同じランク。

専門家たちは、日本政府が基礎研究よりも応用研究に引き続き資金をサポートする場合、より多くの科学者が、他の場所での機会を探して、最終的に日本を離れることができると懸念しています。

READ  次世代ゲーム機「Xbox Series X」は、強力で静かで、互換性の高さが印象に残る:発売前レヴュー| WIRED.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close