ハイキュー対悪魔虐殺者:日本のボックスオフィスが新しいお気に入りの映画を宣言しました。

Estimated read time 1 min read

長い空白期を経て、愛される少年アニメハイキュー!! 以前のようにエピソード単位のリリースを提供するのではなく、大きな画面に戻りました。 映画「ハイキュー:ゴミ処理場決戦」が最新劇場版「帰滅者」公開を抜いて日本のボックスオフィス2週連続先頭を続けました。 どちらの映画も、ファンの忍耐力を癒すために全く異なる姿を見せました。 スポーツアニメーション初演は映画期間に圧縮されていますが、デーモンスレイヤー映画は今後のシーズンの最初の繰り返しと見なされます。

ハイキュー:ゴミ処理場決戦は日本のボックスオフィスの王座を確保したのに対し、2024年の映画である悪魔虐殺者映画は3位に押された。

剣闘争少年シリーズは、トップに向けた競争で均等に価値のあるライバルです。 しかし、映画の公開としての独占性が不足して、このような運命を経験しました。 これで販売コンテストで3位になりました。

Hindustan Times – ニュース速報を最も速く伝えるソース! 今読んでください。

また読んでください: Jujutsu Kaisen S2はCrunchyroll Anime Awards 2024を支配しました。 当選者リストを公開します!

新しいハイキュー映画がDemon Slayer:Hashira Training Arcを上回ります。

によると アニメニュースネットワーク、ハイキュー映画は2月末に日本で290万枚のチケットを売って約41億円(2,700万ドル)の収益を上げました。 封切り3日でチケット150万枚を売り、歴代最大週末の週末記録も立てた。 日本で2月16日に公開したバレーボール映画と比べると、「帰滅の刃:原訓練に」は2月2日公開した。 1位でデビューしたが、結局120万票を記録して3週間で3位に落ち、17億の収益を上げた。 円(1100万ドル)。

古立春一漫画の最後の高校バレーボールプロットが2部作の映画イベントに広がりました。 逆に、デーモンスレイヤー映画(基本的に大画面で公開されるエピソード)は、今後のアニメシーズンの前兆です。

映画初演へのハイキューのより伝統的なアプローチが成功に恩恵を受けたと推定されています。 しかも最後のシーズンハイキュー!! ツーザトップパート2(ハイキューシーズン4パート2)は2020年に終映を迎えた。 それだけそれ以来ファンの長い待ち時間が続いて再び忠節なファン層のときめきを加えている。 一方、デーモンスレイヤーの全劇場版(デーモンスレイヤー:帰滅の刃 – 劇場版:ムーゲン列車)もテレビ用に再編集されました。 そのため、ファンは新作の小さな画面のリリースを待つことも選択できます。

READ  刑務所ニュースダイジェスト:2022年7月24日
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours