スポーツ

ハイチの – 日本のテニス界のスターナオミ大阪、オーストラリアオープンSFでセリーナ・ウィリアムズを破る

日本のナオミ大阪は2021年2月18日(木)オーストラリアのメルボルンで開かれた全豪オープンテニス選手権準決勝で米国のセリーナ・ウィリアムズを破った後、ロッドレーバーアリーナを残す手を振っています。 (AP Photo / Andy Brownbill)

オーストラリアメルボルン(AP) – ハイチ系日系テニスのスターナオミ大阪が2月18日、オーストラリアオープンでテニスアイドルセリーナ・ウィリアムズを下した。

ウィリアムズは6-3、6-4、準決勝で敗れて24番目のグランドスラムタイトルのための彼女の入札を終えました。

土曜日の午後7時30分(東部標準時午前3時30分)、大阪はチャンピオンシップのために、米国のグランドスラム決勝進出者ジェニファー・ブレイディを初めて会う予定です。 ペンシルバニア出身でUCLAの大学のテニスを打った22番シードブレイディは、過去の試合で18点を記録して準決勝で25位Karolina Muchova 6-4、3-6、6-4で勝利しました。

彼女は昨年9月、USオープンの準決勝で3セットのスリラーで大阪に敗れた。

「最初の決勝戦を行う時に、誰もが本当に神されます。 “大阪はBradyを待っていることについて、「しかし、彼らも本当に緊張しています。」と言いました。

ウィリアムズは34番目のグランドスラム決勝に進出することを願ったが、再び彼女の23回のコレクションにグランドスラムトロフィーをもう1つ追加して、テニスの歴史の中で最も多くのクラスのマーガレットコートを追加するための作業を完遂することができませんでした。

観客ブーイングと二人の女性の両方の涙を流す混乱2018 USオープン決勝でウィリアムズに勝ったナオミ大阪は彼女の第四のメジャータイトルマッチに到達して、8点を獲得して、連続20試合まで連続連勝を記録した。

23歳の大阪は、ウィリアムズの「今日ここに若い子供たちがいるのかはわからないが、私は彼女のプレーを見ている子供でした。 夢」

3シード大阪のグランドスラムコレクションには、昨年のUSオープンと2019全豪オープンも含まれており、彼女は間違いなく、現在女子部で最も危険なハードコートの選手です。

二人は、地元のCOVID-19封鎖期間中、5日間のトーナメントの参加が禁止された後、観客席に戻ってきた観客のために走った。 約7,000人の人々がWilliams-Osaka競技場に入ることができましたが、これは収容人員の約半分です。

READ  レイカーズを10年ぶりの決勝進出に導いた指揮官フランクフォーゲルとレブロン・ジェームズの縁 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close