ハジ死亡:サウジアラビアメカの気温が急上昇して数百人の巡礼者が死亡

1 min read

ラピック幕火/AP

イスラム教徒の巡礼者が2024年6月18日に神聖な都市メッカ近くのミナで悪魔を象徴する石を投げるために柱に石を投げるために到着するとき、傘を使って太陽から自分を守ります。


ドバイ、アラブ首長国連邦
CNN

最大摂氏49度(華氏120度)に達する極度の気温の中で、毎年ムスリムハジ(Hajj)メカ巡礼をしているうちに数百人が死亡し、数千人が熱中症治療を受けました。

CNNインドネシアは、サウジアラビア駐在インドネシア総領事館ハズ管理事務所を引用して約165人のインドネシア人が死亡したと報道した。 また、各国当局によると、ヨルダン人41人、チュニジア人35人、イラン人11人が死亡した。

イラン反官営タス様通信によると、イラン赤身月社は水曜日、ヨルダン人22人が行方不明になり、イラン人26人が病院に入院したと明らかにした。

イラン赤身月史によると、イラン人の一部は熱中症で死亡し、一部は基底疾患を患っていたと明らかにした。

サウジアラビアとエジプトはまだ公式の数値を発表していないため、死者数はさらに増える可能性がある。 さらに、政府は自国のクォータの一部として登録し、メッカを旅行した巡礼者についてのみ知っています。 登録されていない巡礼者の間でより多くの死が懸念されます。

サウジ政府は、月​​曜日2,700人以上の人々が熱中症で治療を受けたと明らかにした。 一方、何百人もの人々がソーシャルメディアに愛する人の行方不明のニュースを投稿しました。

以上 180万人 サウジ統計庁によると、今年の世界最大の宗教会のひとつであるハジに参加しているそうです。

昨年200人以上の巡礼客が死亡することは珍しくないが、今年の集会は非常に暑さの中で行われている。

ハジシーズンはイスラムカレンダーによって毎年変わりますが、今年は王国で最も暑い月の一つである6月でした。

月曜日、サウジアラビアは巡礼者に気温が摂氏49度(華氏120度)に達した後、特定の時間の間に「悪魔に石を投げる」意識を行わないように勧めました。

ハジ管理者は巡礼者に厳しい状況の中でも傘を持って水分を摂取するように要請した。 他の5,000人の保健および応急処置ボランティアが参加しています。

ハジを行うことはイスラムの5つの柱のうちの1つであり、それは物理的または財政的に可能なすべてのイスラム教徒が一生に少なくとも一度は神聖な都市メッカへの旅に出ることを要求します。

巡礼には、神の前で人間の平等との一致を象徴する特別な衣服を着ること、反時計回りに循環する行列など、多くの詳細な儀式が含まれます。 キューブ状のカバ 建物を建て、悪を石で打ち殺すことを象徴します。

この物語は追加情報で更新されました。 Edward SzekeresとHandi Alkhshaliが報告に参加しました。

READ  ロシア - ウクライナ戦争ニュース:ライブアップデート
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours