ハッキングされたポケモンを販売した男性が日本で逮捕された。

Estimated read time 1 min read
日本の警察によると、日本の京都宇治市出身の36歳男性がポケットモンスターのスカーレットとバイオレットの保存データを操作し、オンラインでカスタマイズされたモンスターを販売した疑いで逮捕された。

日本公営放送NHKニュースと朝日新聞が報じたように、山川吉弘はサイバーパトロール作戦を通じて彼の違法活動疑惑に対する証拠が明らかになった後、4月9日拘禁されました。 警察は、山川がゲーム保存データを修正するために特別なツールを使用してクリーチャーの色を変更したり、レアモンスターをより簡単に取得したりするなどの顧客の要求を履行したと主張します。

警察の報告によると、山川は2022年12月から2023年3月の間にこのようなカスタマイズされたポケモンを1個あたり最大13,000円(約85ドル)で販売し、時には6匹の変形したモンスターのような取引を4,000円(約30ドル)に提供したことが知られています。 日本のウェブサイトオートマトンによると、山川は「生計を立てるために」犯行を犯したと自白した。

モンスターとの戦いと収集に焦点を当てたことが知られているポケモンフランチャイズでは、珍しくて入手するのが難しいクリーチャーの需要が高まっています。 このような需要により、一部のプレイヤーは暗市場でそのポケモンを購入するようになりました。

山川事件は日本で初めて発生した事件ではない。 2021年には、ポケットモンスターソード・シールドに関連する類似の犯罪で、別の個人が逮捕されました。 ポケモンカンパニーはゲーム保存データハッキング行為を取り締まるための措置を取ってきました。

日本の不正競争防止法違反の疑いで有罪判決を受ける場合、山川は最大懲役5年、500万円(32,600ドル以上)以上の罰金または2つを合わせた処罰を受けることができるとオートマトン(Automaton)が報告した。 警察は、山川の総収益が数百万円に達したと疑われ、依然として調査が進行中である。

ポケモンシリーズは最近、高額強度事件、東京の6階建ての建物から降りてトレーディングカードを盗む試みなど、様々な犯罪行為の標的となってきました。 フランチャイズの人気により、モバイルゲームポケモンゴー(Pokémon Go)で仮想クリーチャーを追跡するための盗難の報告を無視したロサンゼルス警察官2人が解雇されるなど、いくつかの珍しい事件も発生しました。
READ  北朝鮮、二次「重要な」諜報衛星試験を実施
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours