理科

ハッブル宇宙望遠鏡、木星の衛星ガニメデ周辺で水蒸気発見

水蒸気は月の氷の表面が固体で気体に変わり形成されるが、これを昇華と呼ばれます。 天文学者たちは、ハッブル宇宙望遠鏡の新しい観測データとアーカイブを結合して、この水蒸気を発見した。

以前の研究では、月が私たちの惑星よりも2.4倍小さいにもかかわらず、太陽系で9番目に大きな天体であるガニメデが地球のすべての海を合わせたよりも多くの水を含有していると示唆した。

しかし、ガニメデは華氏マイナス300度(摂氏-184度)に達することができる温度にとても寒くて、表面が凍結した水の氷の皮です。 この地殻の下に約100マイル(161km)は塩分の海である可能性が高く、研究者たちは、海が氷殻を介して蒸発して水蒸気を生成する方法がないということを知っていました。

月は、古代ギリシャの神々の酒引き受けた官員の名前にちなんで命名された。 ガニメデは太陽系で最大の自然の衛星だけでなく、磁場がある唯一の衛星でもあります。 これにより、オーロラが月の北極と南極の周囲で光ります。

ハッブルは1998年ガニメデの最初の紫外線画像を捕捉して、このオーロラ帯を明らかにしました。 最初に、研究者たちは、このオーロラが1996年と同じ望遠鏡を使用して、最初に検出された純粋な酸素大気からだと信じていました。 しかし、一部の機能は、説明することができなかった、お互い若干異なって見えるまでしました。

ガニメデの表面温度は、一日を通して大きく変化することがあります。 月の赤道から正午頃と、氷の表面が昇華したり、少量の水の分子が放出されるほど暖かくなります。 これはハッブル宇宙望遠鏡が撮影した紫外線画像で見ることができるの違いを説明します。 ガニメデの氷殻は岩石のように堅いが、太陽から来る荷電粒子の流れは、浸食されて水蒸気を放出するのに十分です。

1998年にハッブル宇宙望遠鏡は、ガニメデの最初の紫外線画像を撮りました。

欧州宇宙機関(European Space Agency)のJUICEミッションまたはJUpiter ICy moons Explorerは、2022年に打ち上げられる予定です。 この船は、2029年に木星に到着して、巨大な惑星と3つの最大の衛星を観察するために、3年を過ごすことになります。 ガニメデが、この調査に含まれるものであり、研究者たちは、月が生命体の可能性の生息地であるという事実についてもっと知ることを希望します。

ストックホルムのKTH王立工科大学の研究員であるLorenz Rothは「私たちの結果は、船の使用を最適化するための観測計画を修正するために使用することができる貴重な情報をJUICE機器チームに提供することができます。」と言いました。 氏名

最近2016年から木星とその衛星を観測してきたNASAのジュノミッションは 20年ぶりにガニメデのクローズアップ画像を撮影しました。

ガニメデの多くを理解する研究が木星とその衛星のようなガスの巨人が、時間の経過に応じてどのように形成され、進化していること、そして太陽系全体に散らばっている氷の衛星が生命体が住むことができる居住可能な環境であるかについての詳細多く知ることができます。

READ  宇宙に隠れている不良太陽系外惑星は住みやすいか月を持つことができると科学者たちは言う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close