理科

ハッブル宇宙望遠鏡が発見したガンマ線爆発の異常の原因は、中性子星合体で誕生したマグネターかどうか| sorae宇宙のポータルサイト

2020年5月22日に発見されたガンマ線爆発「GRB 200522A」の残光(矢印)(Credit:NASA、ESA、W. Fong(Northwestern University)、and T. Laskar(University of Bath、UK))

この画像は、地球から約54億光年の彼方から発見された短い(短時間)ガンマ線爆発」GRB 200522A “による残光を「ハッブル宇宙望遠鏡この撮影したものです。太陽が100億年の生涯をかけて生み出す以上のエネルギーをガンマ線爆発は0.5秒から解放呼ばれます。

「GRB 200522A」は、米国航空宇宙局(NASA)のガンマ線観測衛星「ニール・ゲレロルーススイフト」によって最初に発見された。 検索後ハッブル宇宙望遠鏡など、複数の望遠鏡によって爆発後の余波や後ろ銀河が追加観測されています。

ところが、ノースウェスタン大学のWen-fai Fong博士が率いる研究チームは、このガンマ線爆発の外に気づいた。 X線や電波の観測データと比較した結果、このガンマ線爆発が近赤外線の波長で予測よりも10倍以上の光を放っていたつまり、ハッブル宇宙望遠鏡の観測データが表示されます。

研究グループは、この観測結果を説明することができるシナリオをいくつか検討しました。短いガンマ線爆発は中性子星同士の衝突合体このため、多くの場合、合体によってブラックホールが誕生すると予想されています。しかし、今回の場合には、中性子星が合体した後「マグネター」という非常に強力な磁場を持つ中性子星が形成されている可能性がある研究者は、検討しています。

磁場を帯びて高速回転するマグネターエネルギーを周囲に放出して、強力な増光現象を見せたのが研究チームが導き出した「GRB 200522A」物理的な説明です。中性子星同士の合体による爆発現象は、「キーノヴァ “となっており、「神(ノヴァ)」という別による増光な爆発現象1000倍光を出しています。

研究者によると、ハッブル宇宙望遠鏡の観測結果を示す予期せぬ光がマグネターに由来する場合、爆発現象に噴出された物質が出る電波数年以内に検出することができると言います。 電波観測を継続してガンマ線爆発「GRB 200522A」がマグネ打誕生に伴う現象であるかどうかこの明らかになるでしょう。

関連:銀河の迅速な電波バーストが検出されました。発生源は、「マグネター」または

画像提供:NASA、ESA、W. Fong(ノースウェスタン大学)、T. Laskar(英国バース大学)
出典: Phys.orgハブサイト
文/ Misato Kadono

READ  Google Earthで見る地球の驚くべき地形(平アサヒコ海洋研究開発機構)| ブルーボックス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close