スポーツ

ハンセンの分離ブロディのボイコット、長州力乱入…義理のない「師走のチームリーグ」の事件簿 – レスリング – Number Web

新日本プロレスの「WORLD TAG LEAGUE」と全日本プロレスの「世界最強タッグ決定リーグ戦」の伝統両団体年末恒例のチームリーグが今年もいよいよ佳境を迎えている。

全日本「最強チーム」は12月7日後楽園ホール、新日本の「WORLD TAG」は、12月11日、日本ムドグァンガ最終戦。 チームリーグが終わったら、プロレスファンは、最終的に暮れても押し迫ってきたことを感じる季節の風物詩である。

日本のチームリーグの歴史は始まったのは新日本全日本が創立されたよりも前に。 アントニオ猪木、ジャイアント馬場の量巨頭が所属した日本プロレスの1970年に開催された「NWAタグ・リーグ」が、そのルーツになる。


「NWAタグ」は、70年から3年連続で開催されたが、メインイベント科の若者や中堅コンビなど即席チームが多かったなど優勝争いが高まっず興行に不入り、ここでは「チームリーグは合わない」はジンクスが生まれ72年に新日本とジョンイルボンガ発足後もチームリーグはしばらく行われなかった。 そんなジンクスをケンガ78年末に全日本で開催された「世界最強タッグ決定リーグ戦」である。

環クスvsブッチャー&シックにファンが熱狂

全日本が前年77年の年末本場アメリカ最高のレスラーを多数参加させたリーグ」の世界オープンTag優勝」を成功させ、翌年末に万全の準備をして「世界最強タッグ決定リーグ戦」開催に踏み切ったのだ。

一度即座チームセットで失敗」NWAタグ “の教訓を生かし「最強チーム「ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田の司祭コンビをはじめ、ドリー・ファンクJr.&テリーファンクのより環クス、アブドラよりブッチャー&ザシックの最も強力コンビビル・ロビンソン&ホースト・ホフマンの欧州最強コンビ堤防木村&グレート草津国際プロレス最強コンビ金一&キム博士の韓国製コンビなど豪華メンバーを殺しに合わせたファンたちの関心を引くことに成功した。

そして最後の戦いが12月15日蔵前国技館での環境スvsブッチャー&シークでは、テリーが肉屋のフォーク攻撃により右腕を出血させながらも、不屈の闘志と兄弟愛で勝負をあきらめず反撃に転じた姿にファンは熱狂。 優勝を果たしたより環クスの人気が爆発して、「オープンタグ」は、興行にも大きな成功を収め、翌年から名称を「世界最強タッグ決定リーグ戦」と改めて現在までに40年以上持続全日本の看板シリーズがされたある。

[다음 페이지]毎年起こった “事件”、 “ハプニング”

READ  日本を見て、ファンたちは、危険なファウルボールから観客を保護するためにMLBを要求します。

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close