ハーグ付近で列車事故で1人死亡、30人負傷

1 min read

アムステルダム、4月04日(ロイター) – 約50人を乗せた旅客列車が火曜日の夜明け線路で建設機器にぶつかった後、脱線して少なくとも1人が死亡し、30人が負傷し、多くの人々が深刻な負傷を負ったとオランダ緊急救助隊が明らかにした。

救助チームは、ハーグ近くの村Voorschotenで事故現場にいたと緊急サービスは言った。

消防署の広報担当者は、オランダのラジオに19人が病院に移されたと述べた。 他の人はその場で治療を受けていると緊急サービスは言った。

ANP通信は、事故後、ライデン市からハーグに向かう夜間列車の前の客車が脱線して畑に入りました。 2番目の車は横に行き、後部車で火災が発生しましたが、後で消えたと言いました。

事故の原因について矛盾する報告がありました。

先に報道によると、旅客列車が貨物列車と衝突したという。 オランダ鉄道庁(NS)広報担当エリック・クロエズは、貨物列車が事故に関わったが、詳細は明らかにできないと述べた。

Dutch Railwaysは、ツイートでライデンとハーグの一部の地域間の列車が事故のためにキャンセルされたと述べた。

報告:アムステルダムのAnthony Deutsch、ベンガロールのAkriti Sharma。 Christopher CushingとRaju Gopalakrishnanによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  やけぱち? トランプツイートの3分の1に「誤解」と警告ラベル :東京新聞TOKYO Web
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours