スポーツ

ハースF1、2021年ミックシューマッハの起用を正式発表[F1-Gate.com]

ハースF1チームは2021年のドライバーとしてミック・シューマッハーと複数年契約を結んだと発表した。 先に発表されたニキータマゼピンで2021年F1世界選手権でハースF1ドライバーラインナップを一新する。

ミックシューマッハは一足先にハースF1フルタイムドライバーに準備を開始した。 最終戦F1アブダビGP金曜フリー走行ハースVF-20をドライブして、火曜日にヤスマリーナサーキットで行われる若手ドライバーテストに参加する。

フェラーリドライバーアカデミーの会員であり、7回F1ワールドチャンピオンミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハ(21歳)は、この週末のバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されるFIA-F2の最後の戦争の前にチャンピオンシップで首位を走っている。

オールシーズン10回の表彰とモンツァとソチの機能レースで優勝したミック・シューマッハはランキング2位の熱子供ロット14ポイント差をつけている。

ハースF1チーム代表であるギュンター・シュタイナーは、「今シーズン我々のドライバーラインナップミックシューマッハを発表したことを非常に雷いくと思います。彼のチームに合ったものを期待している」と述べた。

「F2選手権大会は、才能のあるドライバーがその資格を誇示するための証明の章で、長く奉仕してきた。今年のフィールドは確かに、最近のシーズンで最も競争力のあるものの一つだ。ミック2020年に優れた才能を相手にレースに勝つ表彰台を獲得した “

「彼は自分のパフォーマンスに基づいてF1に卒業することができる機会を得たと確信している。我々はチームとして2021年に向けたレースパッケージに慣れするために、新しいドライバを評価して育成機会がある」

「私たちは、チームの継続的な長期的な成長のための基礎的な要素を整備し、その過程でコース内外の両方でミックの貢献を期待している」

ミックシューマッハはシングルシーターで6シーズンの経験を経て、ハースF1チームに参加する。 2015年ADAC F4、ドイツシリーズでシングルシーターのキャリアを開始したミック・シューマッハは、F3ヨーロッパ選手権を進め、2018年には8の利益を上げて優勝した。

2019年フェラーリドライバーアカデミーの会員となったミックシューマッハはF2のステップ。 その年の4月にバーレーンで開催されたのシーズンテストにフェラーリとアルファロメオから参加して初めてF1カーを走らせた。

「来年F1グリッドにある展望は私非常に満足しており、簡単に言葉を失っている」とミックシューマッハは語った。

「私のことを信頼してくれたハースF1チーム、スクーデリア・フェラーリ、フェラーリドライバーアカデミーに感謝している。また、親の愛を認めて示して、すべての彼らのおけげだ。私はずっとF1の夢を実現することができると信じていた」

「私のキャリアを通して支えてくれた素敵なモータースポーツファンの皆さんにも心から感謝しちあ。いつものように最善を尽くしたい。ハースF1と一緒にこの旅に出ることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ

READ  日本がオーストラリアのラグビーに脅威となる理由

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close