スポーツ

ハースF1代表 “マゼピンヌンF2ランキング3位、角田裕毅は5位だ」[F1-Gate.com]

ハースF1チーム代表であるギュンター・シュタイナーは、2021年以降のドライバでニキータマゼピンワ複数年契約を結んだ契約を守れ。 レッドブルがF1デビューさせようとしている角裕毅のFIA-F2での成績を引用した。

ハースF1チームは12月1日(月)ニキータマゼピンとの契約を発表した。 翌日ミックシューマッハとの契約も発表して2021年F1ワールドチャンピオンシップで2人の新人を起用することが確定した。

しかし、ニキータマゼピンバックは、ロシアの億万長者であるドミトリーマゼピンガついているので実力ではなく、資金力にシートを得たに過ぎないとの批判が止まない。

これらのコメントについてギュンター・シュタイナーは「マゼピンヌンF2で3位であり、角田裕毅5位」と挑発。

「火角田裕毅をF1を起用したいと思っている。私は、彼らが何か間違っをしているとは思わない。そして、私はニキータに関しても何も間違っていない」

ニキータマゼピンヌン豊富な父のおかげで、「ページのドライバ」で名声が消えない。父の会社であるロシアの主要肥料会社ウラルカリは、昨年のレースのポイントを購入しようと失敗

しかし、ギュンター・シュタイナーはドミトリーマゼピンガハースF1チームを購入することを否定している。

「チームが売りに出ていないので、買うことができることは何もない」とギュンター・シュタイナーは主張する。

批評家は、ドミトリーマゼピンヌン息子のキャリアを経済的に後援することで有名であると指摘している。 ここには、ニキータマゼピンアブダビで若いドライバーのテストシートを「購入」することも含まれている。

「私はマゼピンさんとしばらく連絡をしてきた。彼はF1によく知られている」とギュンターシュタイナーは言った。

「昨年ニキータについての状況はどのように行われているかどうか議論した。交渉に少し時間がかかったが、圧力はなかった。ドライバを変更することを決めたとき、私たちは彼を覚えて、今、彼は私たちと一緒にいる」

「外部から見ると、状況は実際よりも複雑に見えるようだ」

ギュンター・シュタイナーはウラルカわけハースF1チームのスポンサーになる可能性があることを否定しない。

“ハースはF1で名を馳せているが、もちろん商業パートナーを探している」とギュンター・シュタイナーは認める。

「ドミトリーマゼピンは、会社があるので、すべてがうまくいき、彼は私たちを後援してくれるという面はいけない理由はないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / 角田裕毅 / ニキータマゼピン

READ  タイソンとHoyaまで... "レジェンド選手」が復帰を目指す「お金しかない」理由は - ボクシング - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close