トップニュース

ハーバード大学教授、日本の「慰安婦」と主張して怒り触発| 日本の

ハーバード大学の教授は、日本軍によって性奴隷に強要された女性たちが展示売春店で働くことを選択したと主張した後、仲間の学者たちと活動家たちの間で怒りを引き起こした。

ハーバードロースクールの日本法学教授であるJ Mark Ramseyerはほとんど韓国人だけでなく、中国人、東南アジア人、そして少数の日本人とヨーロッパ人の200,000人の「慰安婦」が1932年から1945年の日本の敗北の間に軍事売春店で働くように強制的にされたりトリックを使うようになりました。

昨年末のオンラインに掲載された学術論文でRamseyerは、女性が自発的に契約を締結した性労働者だと主張しました。 これは自国の戦争残酷行為を白くする、日本の初心者ができ主義者たちが支持する見解です。

「太平洋戦争でセックス契約」というタイトルのこの記事は、今月、国際法と経済的な検討号に掲載される予定だったが、ラム建ての主張がより多くの調査をバトウミョンソイ問題は停止しました。 ジャーナルは「懸念の表明」を発表し、その文が調査中だと明らかにした。

右翼日本の新聞の英語のウェブサイト上の別の記事でRamseyerは日本軍が「韓国女性が売春店で働くように騎兵しなかった」と主張し、慰安婦制度の広く受け入れられた説明を「純粋なフィクション」と拒否した。

彼は次のように付け加えました。 “ラフ生活をした年老いた女性に同情を表現するのはかまいません。 安定した関係を回復するために同盟にお金を支払うことはかまいません。 しかし、韓国人慰安婦の奴隷の主張は、歴史的に事実ではありません。」

著名な学者たちは、Ramseyerが彼の記事で記述された契約の歴史的な証拠を見つけられなかった言いながらRamseyerの研究の真実性に挑戦しました。

ハーバード歴史アンドリューゴードンとカーターに切口は元の記事を撤回することを促しました。 「私たちはRamseyerが彼未読契約について非常に強調された表現でどのように信頼性の高い主張をすることができるかどうかわかりません。」と彼らは声明で言いました。

米国国務省は、慰安婦制度がラム建てに言及しなかったが、人権侵害に描写した。

ある部門のスポークスマンは、韓国の連合通信に「米国が複数回述べたように、第二次世界大戦当時、日本軍が性的目的のために、女性を人身売買したことは深刻な人権侵害であった」と述べた。

数百人の学者がラム建ての記事を非難する書簡に署名し、先週、北朝鮮の国営北朝鮮今日は彼を “拒絶のお金を盗む人」と「医師学者」と呼ぶの記事を発表しました。

この問題は、生存者たちが1990年代初めに初めて公開された後、韓日関係を悪化させました。 韓国政府が認めた女性は16人だけだ。

2015年末、日本と韓国は、日本が生存者とその家族を支援するために、財団に10億円(約670万ポンド)を寄付することで合意し、「最後にそして不可逆なく「問題を解決したと発表した。

しかし、日本は1965年、両国が外交関係を正常化したときに、すべての公式請求が解決されたと続け主張しています。

2018年韓国のムン・ジェイン大統領は、女性の風を反映していないとし合意を事実上無効化した。

この問題は、今年1月に韓国の裁判所が日本政府に1億ウォンの損害賠償を命じながら再び燃えた。 [£64,000] それぞれ12人の女性。

日本は外国の裁判所の管轄で国免除を付与する主権免除の原則を引用しながら、「完全に容認できない」判決を無視すると発表した。

これに対して生存者は韓国政府に彼らの事件を国際司法裁判所に提出することを求めました。

92歳の生存者イ・ヨンスは先月、「日本は判決を無視している」と述べた。 “私はお金を必要としません。 私たちは、日本から完全に感謝と謝罪を受けています。」

READ  投資家は、このWisdomTreeモデルポートフォリオに日本に参入しています

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close