science

ハーフの人がそうでない人に比べて優れている4項目は!? 遺伝子レベルでの優位性や科学研究の確定! – TOCANA

画像イメージ:「Getty Images」

一般的に、日本では「ハーフ」と聞くとイケメンを思い浮かべる人が多いようだ。 しかし、いわゆる「都市伝説」類と主張する人もいる。 は、実際にハーフ人々は「強み」があるだろうか。 筆者自身、3人の半子供の父親として深い関心があったので調べてみた結果、驚くべき事実を発見した。

本論に入る前に「ハーフ」という呼称であるが、これは完全な和製英語で、海外では通用しない。 英語 “half”の混血の意味ではなく、 “mixed race」などと呼ばれることが普通である。もともと日本でハーフ呼称は横浜で生まれ育った作家の北林当麻が1930年に発表した小説「街の国際娘」で初めて使用され、大幅なようだ。

■ハーフ科学的に優れている4項目

スポーツの世界に目を向けると、ハーフ人々の活躍が顕著である。 テニスの大阪ナオミ(父はハイチ人の)バスケットボール八村ルー(父ベナン人)、ラグビー日本代表が松島太郎(父はジンバブエの人)のほか、サニブラウンアブデルホッケー大根ケンブリッジ飛鳥ダルビッシュ有など、その例は、あふれ出ている。 その背景には、いくつかの原因があるのだろうか?

ハーフの人がそうでない人に比べて優れている4項目は!? 遺伝子レベルでの優位性や科学研究の確定! 図2
画像イメージ:「Getty Images」

ちなみに、農学分野では「ハイブリッド強勢」という概念がある。 これは雑種が、親よりも旺盛な生育を示す現象をいうこれ親がかなり遠い親戚とき顕著になる。 事実、これらの傾向は、人間にも見ることができると指摘は存在したが、これまで確実な証拠はないとされてきた。 ところが最近の研究では、雑種強勢のような傾向を示す結果が出ている。

英国エジンバラ大学の研究によると、遺伝子が大きく、他の親から生まれた「混血」は長身で、知能が優れた人が多いことが分かった。 これは権威ある学術誌「ネイチャー」に掲載されたもので、研究グループは、世界各地の様々な環境に住んでいる様々な遺伝子の組み合わせを用いる35万人を対象に、コレステロール値などの医学的な項目を含む、合計16項目の違いを調査した。

その結果、腎臓・肺活量・認知力・学習能力の4項目で遺伝子の大きく異なる親を持つ人と遺伝子的に近い親を持つ人との間には、著しい違いを見せた。 そして、親の遺伝子が異なる場合、他の、より優れた傾向があることを発見した。

運動能力と遺伝の関係を探している研究は、1970年代からヨーロッパを中心に活発になっており、「運動能力の66%は遺伝要因にかかっている」という報告まで出ている。人種の違いを見ると、特に陸上短距離とバスケットボール、サッカーなどの試合では、特に黒人選手が活躍する傾向が見られるとする。

READ  論理発言は「ピラミッド構造」で組み立て| グローバルモード| ダイヤモンドオンライン

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close