ハーモニー、日本ワールドカップ進出の中核コミュニケーション

Estimated read time 1 min read
読売新聞
日本選手たちが12月2日、スペインを破って歓呼している。

日本サッカー代表チームが2回連続ワールドカップ16強に進出したが、勝負次期の末にクロアチアに敗れた。 8強戦で望んでいた場所を逃したが、Samurai Blueはドイツとスペインを含む厳しいジョーを勝ち取り、世界を驚かせた。

スペインとのE組第3次戦を控えた11月29日、一部日本選手たちは今後の挑戦について心配し、訓練セッションで森康ハジメ監督と悩みを相談した。

チームは守備型5-4-1フォーメーションを採用したが、ミッドフィールダー・ダイチ・カマダの所属チームであるアイントラヒト・フランクフルトが去る4月、ユーロパリグでスペイン代表チームの選手が多いバルセロナを破った時に使用したのだ。

「私たちは一対一の状況ではるかに強くなりましたが、チーム全体が先に進むとクラシックです」と森山氏は語った。 「日本は100m走りに勝つことはできませんが、桂州ではバトンをつなぐ私たちの能力が私たちをメダル競争相手にします。」

森津のマネジメントスタイルは、チームが毎年強力な選手を失っていたにもかかわらず、サンフレッチェ広島を3つの国内J1リーグ選手権に導いたときに結果をもたらしました。

森澤氏は、世界の舞台で競い合う鍵は、選手の個人の強みを活用してチームの全体的な強みを強化することだと信じています。

彼はチームメンバーと慎重にコミュニケーションをとり、能力に関係なくプレイヤーが邪魔になると思われる場合は除外することを快適に考えています。

しかし、ワールドカップ予選序盤、日本が振り回すと欧州球団戦術に露出された選手団の間で大騒ぎした。

一部の選手たちはチームが勝利できる戦術を叫び、結局状況は発火点になった。

去る9月、国家代表チームがドイツを訪問した時、主張吉田真也、遠藤渡邊、柴崎学などは森康に「勝利方法を議論したい」と話した。

コーチと選手たちは試合開始方法、スコア変動時対処方法など多様なシナリオについて話を交わした。

チームが戦術に制約を受けたくなかった森林は、彼らがあまりにも多くの詳細を望んでいるという事実に驚きました。 しかし、監督が彼らのすべての能力を発揮する機会を与えたかったので、彼らは一緒に解決策を見つけました。

ヨーロッパでプレーする選手たちは考え方が違う。 その結果、日本はヨーロッパのチームに近いスタイルを採用しました。

森康はワールドカップを控えた11月、欧州選手が合流し、キャンプ内の和合を強調した。

カナダとの最後のワールドカップの前の親善試合には、ミッドフィルダー・ユキ・ソマのようないくつかの非主流選手が参加し、26人の選手団のメンバー全員がトーナメントに備えられるようにしました。

「私が試合をするかどうかは重要ではありません。 勝利はすべてです。」

第4回ワールドカップに出場した長友優人は、今回の大会で日本が「素晴らしいチーム」を配置したと語った。 ベテランのディフェンダーは「私がプレーしたゲームの中で最高だった」と述べた。

日本は16強戦を超えなかったが、選手団の和合が選手個々人の技量を補完し、準決勝戦でドイツとスペインを破ることに成功した。

READ  コーチは日本がアジアカップで「尊敬の表示」と非難した。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours