トップニュース

バイエルン・ミュンヘン、日本サッカー協会とのパートナーシップの更新

バイエルン・ミュンヘンは、国際サッカー協会とのつながりを続けており、今回は日本サッカー協会とのパートナーシップ継続を発表した。 両方 JFA そして バイエルン・ミュンヘン 今朝公式ウェブサイトにニュースを公開しました。

その契約はすでに3年間有効で、もう3年間延長されました。 この協定には、バイエルンのキャンパスと才能の交換、コーチ間の協力、バイエルンの少年チームとJFAの間の親善試合、ミュンヘンで開催されるJFAチームのためのトレーニングキャンプが含まれます。

バイエルンのCEOオリバーカーンはこう述べています。 「日本はアジアサッカーで最も強い国の一つです。 2002年ワールドカップで日本のサッカーへの情熱を感じることができました。 日本サッカー協会とのパートナーシップの継続は、世界クラスの選手を開発するという共通の目標として私たちを一つにします。 これには緊密なスポーツ交流が必要です。 私たちはすでに日本サッカーの見知らぬ顔である熊がこの咲の女子ランキングに世界トップクラスの選手がいることを誇りに思います」

日本サッカー協会はまた、バイエルン・ミュンヘンとのパートナーシップを継続し、とても嬉しかったです。 プレーヤーが追加の練習と経験を得るための良い機会だからです。

READ  日本とフィリピン、最初の共同空軍訓練実施

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close