バイエルン・ミュンヘンは日本の擁護者伊藤宏樹を2028年まで契約する。

1 min read

バイエルン・ミュンヘンは、木曜日にシュトゥットガルトで日本のセンターバック伊藤博樹を2028年まで迎え入れたと発表したが、彼の3千万ユーロ(3200万ドル)の放出条項が発動されたことが分かりました。

25歳の伊藤はバイエルンのサプライズ獲得であり、クラブの移籍市場初のメジャー到着だ。 彼はJリーグのジュビロ岩田でわずか2シーズン前にドイツで1年の賃貸後100万ユーロにもならない価格でシュトゥットガルトと契約した。

伊藤は準備された声明で「世界最大のクラブの一つで遊べるようになって大きな栄光」と話した。

「私はFCバイエルンが多くのトロフィーを獲得するのに私の役割を果たしたい」

一般的に、中央防衛に配置された左足のイトは、左側のフルバックや防御的なミッドフィルダーからも走ることができます。

伊藤はシュトゥットガルトで2シーズン中に97試合に出場し、2ゴールを決めた。

「ヒロキは私たちが望むすべてを備えています。 バイエルンのスポーツディレクターマックスエベを言った。

「広木は背が高く、攻撃的で強い左足を持っており、パス能力に優れており、中央はもちろん左側からも走ることができ、守備に多用途です。

「彼はすぐに私たちに大きな力になります」。

伊藤は昨シーズンのシュトゥットガルトが降格候補でチャンピオンズリーグの順位に上がるなど、驚くべき反転を遂げた重要な要因だった。

Sebastian HoenessのチームはチャンピオンのBayer Leverkusenに次いで2位を獲得しました。 これは、12シーズンで初めてトロフィーを逃したバイエルンよりも高いランクです。

伊藤は2022年日本代表チームにデビューして以来19試合に出場し、1ゴールを決めた。

READ  女子ホッケー世界でブベンの勝点3点でスウェーデンが日本を相手に無敗行進を行いました。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours