バイデン、日本・インド・ロシア同盟「外国人嫌悪」に縛られ

Estimated read time 1 min read

ワシントンDCで開かれたカメラ外のキャンペーンの募金活動で、バイデンは移民を主な要因として言及しながら国家経済を宣伝したと述べた。 主な貢献者 成長に。

「理由は、見て、考えてみてください。 中国はなぜそんなに経済的に深刻な渋滞を経験しているのでしょうか。 日本はなぜ問題なのか? ロシアはなぜですか? インドはなぜですか? なぜなら彼らは外国人嫌悪者だからです。 彼らは移民を望まない」と述べた。

「移民は私たちを強くする存在です。 冗談ではありません。 それは誇張ではありません。 そこにいることを望んで貢献したい労働者が流入しているからです。」

ホワイトハウスの広報担当 カリン・ジャン・ピエール バイデンは、自分の発言に対して圧迫を受けたとき、より幅広い主張をしようと努力したと述べた。

「世界中のほとんどの指導者や同盟国が理解している彼が話そうとしたより広範な事例は、彼が言ったことでした。 私たちは移民の国であり、それは私たちのDNAにあります。」と彼女は言いました。

彼女は「同盟国との関係に関してこれは続く」と付け加えた。 明らかに、私たちはインド、日本と強い関係を築いています。」

バイデンは、インドと日本を中国、ロシアと一緒にコア同盟国と見なす2つの郡に結びました。 中国との戦い

The HillのAlex Gangitanoさんがここでより多くの情報を提供します。

READ  市場を占有することは深刻な問題です| 事業
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours