バイデン「イスラエル・ハマス戦争、来週月曜日まで休戦する希望」

Estimated read time 1 min read

ジョー・バイデン大統領は、月曜日の来週まで、イスラエル・ハマス戦争が休戦することを希望すると述べた。

バイデンはニューヨークにいる間、記者の質問に「来週月曜日まで休戦をしてほしい」と話した。

彼は「私の国家安保補佐官は私たちがほぼ近づいたが、まだ終わっていないと言った」と話した。

ホワイトハウスは進歩勢力とパレスチナ同盟国の圧力が大きくなる中で休戦交渉を進めてきました。

NBCニュースは、カタールが今週イスラエルとハマスの間の会談を調停しており、パリで米国、イスラエル、カタール、エジプトの経営者間で休戦交渉が行われたと報じた。

複数の上級政権管理とアラブ外交官によると、交渉団は一時休戦のために急いでいます。 これは、10月7日に捕まった人質の一部を釈放して飢えたガザ地区の住民にもっと支援を提供するためであるだけでなく、イスラムの成月であるラマダンが始まる3月10日に地域周辺で爆発的な暴力事態を防ぐためだと関係者たちは言いました。

バイデンは月曜日、「セスマイヤーズと一緒に深夜」に出演し、「私たちにすべての人質を救出する時間を与えるためにラマダン期間中、活動に参加しないというイスラエル人の合意」があったと明らかにしました。

カタール交渉に精通したある関係者は、NBCニュースに「進展があったが、まだ解決すべき障害物がある」と話した。 これには、釈放されるパレスチナの囚人に対する人質の比率があり、議論が含まれると彼らは言いました。

ジェイク・サリバン・ホワイトハウス国家安保補佐官は、日曜日の代表者が一時休戦のための人質取引の基本輪郭がどんなものかについて「理解した」と述べた。

「カタールとエジプトはハマスと間接的な議論をしなければならないでしょう。なぜなら彼らは人質の解放に同意しなければならないからです」。 サリバンが言った。 CNNとのインタビューでは、取引はまだ交渉中であるため、具体的な内容は明らかにすることを拒否しました。 「作業が進行中です。今後、この問題について実際に確固たるものであり、最終的な合意が行われる時点に到達できることを願っています。しかし、私たちは待つ必要があります。」

金曜日ホワイトハウスイーストルームにあるジョーバイデン大統領。エヴァンブッチ/AP

イスラエル軍は約150万人が避難しているラパに地上攻撃を計画している。 月曜日の朝、ベニヤミン・ネタニヤフイスラエル首相は、軍が民間人避難計画を提案したと発表しました。

先にヨアフ・ガラントのイスラエル国防長官は、「もし一時的な休戦が行われれば、イスラエルは最後の人質が戻ってくるまで戦い続けるだろう」と述べた。

イスラエル政府によると、去る10月7日、ハマスがイスラエルを攻撃して1200人が死亡し、200人が拉致されて戦争が始まった。 パレスチナ保健省によると、以後、ガザ地区ではほぼ3万人が死亡した。

去る12月1日に終わった一週間の休戦期間中、ガザ地区に拘留された100人以上の人質がイスラエル刑務所に閉じ込められたパレスチナの受刑者240人と交換されて釈放されました。

READ  防衛職場の発見は、古代エジプト人がどのように死んだ人をミイラにしたかを示しています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours