トップニュース

バイデンは来月、韓国と日本を訪れ、アジアに集中します。

バイデン元副大統領は来る5月10日に就任するユン・ソクヨル韓国大統領当選者と岸田文夫日本首相など各国で量子会談を行う予定だ。 東京では、Bidenはまた、彼の主導で活性化されたQuadパートナーシップの集まりで、日本、オーストラリア、インドのリーダーと会う予定です。

Jen Psakiの広報担当者は、声明で今回の訪問は「私たちの政府、経済、国民間の絆をさらに深めるためのもの」と述べました。 「今回の訪問は、自由で開かれたインド・太平洋と韓国と日本との条約同盟に対するバイデン・ハリス政権のしっかりした約束を発展させるでしょう。」

米国の管理を心配させ、隠遁国の継続的な脅威を証明した北朝鮮の無数の武器実験が旅行を控えているでしょう。 北朝鮮の独裁者キム・ジョンウンは今週、大規模な熱病式で「最も高い」速度で核兵器を「強化し発展」させると誓い、今後数ヶ月間彼の野望を垣間見ることができました。

4日間のアジア順房は、バイデンが民間人死傷者と戦闘が激化している中、ロシアがウクライナに繰り広げた挑発のない戦争に対抗して米国と同盟国を団結させるために努力するバイデン大統領任期の中で決定的な瞬間になされた。 欧州の紛争は、米国がウクライナに数十億ドルを支え、ロシアに数多くの経済制裁を加えるなど、大統領執権2年目に消費する問題でした。 ロシアがウクライナを攻撃する中で、バイデンはインド・太平洋地域で米国の同盟が世界的に「ルールベースの秩序」を維持する鍵だと信じていると強調しました。

同時に、バイデンが増加する中国の影響力に対応するために、アジアに対する米国の外交政策の再調整に取り組んでいるにもかかわらず、紛争はロシアなどの歴史的敵によって提起された継続的な脅威を強調した。 バイデンは米国大統領が3年連続でこの地域に旋回したいという意思を表明したが、任期16ヶ月になる今回の巡方は、大部分の大統領がアジアを訪問したより遅い。 バイデン元副大統領の旅行はコロナ19ファンデミック(世界的大流行)で支障をきたしている。

ホワイトハウスの補佐官は、世界がウクライナの危機にさらされていると同時にアジアに集中できると主張しています。 そして、管理者は、日本と韓国を含むアジアのアメリカ同盟国が、ロシア経済を崩壊させるように設計された国際制裁制度に喜んで参加したことに喜んで驚いたと語った。 日本と韓国は、ロシアのエネルギー輸入から自らを離れるために努力しながら、天然ガス供給の一部をヨーロッパに転用した。

バイデン元副大統領は先月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領後任で大統領選挙で勝利した後、ユン前検査と電話通話をした。 当時、ホワイトハウスは、その通貨で2人が何よりも北朝鮮の核とミサイルプログラムによる脅威、そしてコロナ19や気候変動などの他のグローバル問題について議論したと話しました。

バイデン元副大統領が執権初期自身の最大外交政策課題として指摘した北朝鮮がユン当選人の就任を控えて挑発的な武器実験を再開した。 バイデン政権は平壌との外交再開を模索したが、特別な反応を得られなかった。 一方、ユン議員は、文大統領が当時、ドナルド・トランプ大統領が金委員長と一連の首脳会談を手配するのを助けるなど、外交を強化しようとした後、北朝鮮に対する韓国の立場をしっかりとすると誓った。

トランプ大統領は大統領任期最後の訪韓時に非武装地帯を迂回し、金委員長と握手し、北朝鮮に向かう分界線を超えた。 以前の大統領も高度に強化された国境地域を訪問したが、バイデンが同様の訪問を計画しているかどうかは明らかではない。

バイデン前副大統領は昨年秋、首相が就任した後、今年既に岸田と何度も交流した。 最近では、2つの首脳が3月にベルギーのブリュッセルで開かれた緊急首脳会談に出席し、この会議はロシアのウクライナ攻撃に招集されました。 その月の初め、4つのQuad頂上は通話をし、その間彼らは今年末に東京で直接会うことに合意しました。

バイデン元副大統領の韓国と日本の訪問も、米国管理者がウクライナ戦争に関連した中国の行動を礼儀注視している中で行われた。 バイデン政権は、中国がウクライナでのクレムリン宮殿の努力を支援すれば、深刻な結果に直面することになると強調した。

今回のアジア順房は、バイデン元副大統領が5月12日と13日、ワシントンで東南アジア国家連合(ASEAN)首脳を招待して数日ぶりに行われるだろう。 善崎ホワイトハウスのスポークスマンは、会談が「米国の継続的な努力を見せる」と述べた。 ASEANは、この地域の最も緊急の課題に対する持続可能なソリューションを提供する上で重要な役割を認識し、アメリカとASEANの関係の45年を記念しています。

READ  ハミルトンが完勝で通算89勝目を上げる。 フェルースタトペᆫ与えずに3位【決勝レポート/ F1第ベルギーGP】 - オートスポーツweb

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close