世界

バイデン中国も青ざめる…絶対負けを認めていない」トランプ複数劇場」が始まる子供まで偽物と叫ぶ米国の言葉| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

トランプ大統領はまだ敗北を認めず、選挙に不正があったと主張して抵抗を続けている。 日本での報道は、断片的現地で何が起こっているかどうかを理解することは難しい。 “なぜクリントンを大統領にしていないか「(講談社+α新書)などの著作で知られるNY在住46年の記者佐藤則夫氏が現地から直接触れてきたアメリカ人懊悩をプレジデントオンライン読者のために特別に見──。

2020年12月、陸軍士官候補生に囲まれて、第121回陸海軍フットボール大会の前半を見てトランプ大統領

アメリカの民主主義」終わりの始まり」

過去4年間、米国の一体何が起こったのだろうか? 民主主義の原則を無視して、国内の政策、外交政策が採用され、米国が世界に誇ってきた価値と品格が否定され、米国の名誉と威信が大きく破損した。

そのような状況を作ったのはドナルド・トランプ大統領その人であることは間違いない。 多くの非民主主義的な発言ポリシーを試みたが、ほとんどが失敗に終わった。 米国の国際的な信用を大きく損なう再選をかけた大統領選挙で敗北したが、敗北宣言を拒否している。 12月にも終わりになろうとしているが、ジョー・バイデン新しい大統領を認めず、承認を強要民主党に挑戦している。

大統領選挙後6週間の不正八百長謀略などの証拠もなしに断定巨額を使用して、各選挙区選挙管理委員会と市場、知事を非難の対象に自分が勝った結果を変えること、西洋にしようとしている。

そんなトランプ大統領を支持してきた共和党だが、12月15日、ついに上院共和党多数派の指導者であるミッチ枚コノル氏がバイデン氏の勝利を認める発表をした。 しかし、トランプ大統領にそのような気配は全くない。

このため、マコーネル氏とトランプ大統領の間に亀裂が生じたとの見方もあるが、そのように考えないほうがいい。 二人の目的は共通で、それは次期大統領選に勝利することです。

政治的混乱状況が続い米国に新型コロナウイルスが襲い、現在、米国では歴史上経験したことのない苦境に立たされている。 筆者の住民が46年になるが、このような恐ろしい米国は見たことがない。

一体誰が悪いのか?

筆者はNYマンハッタンに住んでいる。 新型コロナウイルスの攻撃の前に、ニューヨーク市ではお手上げを知らなかった。 12月22日現在、ニューヨークの感染者は38万人、死亡者は2万4000人をそれぞれ超えたことである。 国全体が感染者は1800万人、死亡者31万人に達しているというが、「真実」を知らない。 それを知っても怖い。

ある日、長い通う歯科の待合室で順番を待っている1人のおばあちゃんが入った。 マスクをしてマフラーで顔を覆っている。 今はマンハッタンでマスクをしていない人は、ほとんど見えなくなった。

ソーシャルディスタンスをとるように注意を促し、用紙が2つの椅子の上に置いてあり、患者は2石粉を間に置いて座っているべきである。 おばあちゃんは、足元に注意しながら座って「全くひどい大統領である……」と筆者につぶやくように声をかけてきた。

READ  バイデン「米軍13人が死亡カブール攻撃に報復 "

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close