世界

バイデン大統領が誕生した後、日本にどのような影響を与えるか、外交政策は、大きな変化を余儀なくさ| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

※この記事は、横江欧米 “隠れトランプ米国コロナ感染で奇跡のカムバックにトランプが勝利⁉“(扶桑社)の一部を再編集したものです。

「今の外交政策は時代に合わ「

バイデン政権が誕生した後、日本にどのような影響を与えるだろうか?

写真= AFP /時事通信フォト

2020年10月25日主日礼拝で孫娘のナタリー・バイデンと共に歩む民主党の大統領候補ジョー・バイデン。ウィルミントン、デラウェア州で

バイデン政権がどのような政策を行うかを知って、進歩系シンクタンクである米国先進政策研究所にアクセスすることが最も速い。 オバマ政権の政策の理論を支持したシンクタンクである。

外交政策の最興味深い調査レポートが掲載されている。 そのタイトルは「米国の漂流:アメリカ人が希望する外交政策」である。この調査レポートでは、明確に「冷戦時代と脱冷戦時代を背景にした今の外交政策は、時代に合わ」と結論を下した。

民主党系で有名なシンクタンクの調査は、民主党性向の報告を行うことが一般的である。 メディアでも同じだが、CNNは民主党に甘くFOX共和党甘い。 たとえ上記の報告書は、外交政策の回答者のスコアをもとに、「遊び民族主義」(共和党系)が33%、「グローバル活動家 “(民主党系)28%、「外交政策から離脱” 21%、 “既存の外交ポリシー’18%に区分している。

「外交政策の離脱」は、無所属多くの既存」はベビーブーム世代の支持者が多い共和党と民主党両党に腰掛けたい。 驚くべき共和党を支持する遊び民族主義の多さと、「外交政策の離脱」を提起する人が多いだろう。

ロシアを脅威に感じる民主党支持者

最も多くのアメリカ人が外交政策を通じて追求することは、「米国の国土がテロ標的にされていないこと」に続いて「米国の民主主義を守ること」と見ている。 第三は、「米国の雇用を保護する「第四は、「米国企業の製品が市場で売れるもの」5番目にようやくバイデン外交政策につながる「国家間の協力」が入る。 しかし、その目的は、気候変動、貧困、病気という地球規模の問題の解決である。

6番目に「人権問題への取り組み」が入って7回目の「国境の強化」第8冷戦と脱冷戦時代の旗だった」民主主義を伝える」との順だ。 トップ7は、ポスト冷戦時代の概念がすでに米国の多くの人々から失われることを示している。

党派別にみると、7位の国境の強化が共和党系の間で二番目に関心が高く、民主党支持者の間では、5回目、気候変動と貧困のための国際協力と6番目の人権問題への取り組みへの関心が高い。 トランプとバイデン外交政策のままの結果である。

具体的にみると、民主党系のほとんどがロシアを脅威に感じていることが記録されている。 ロシアを脅威に感じる全体で27%に過ぎないが、民主党系に限ると41%にもなるだろう。 民主党系がロシアより関心を持っているのは、気候変動との提携との間のコラボレーションです。

核の脅威は共和党系は、40%近くが問題だと答えているが、民主党系は20%以上程度だ。 無所属民主党系よりも少ないが、同様に20%を超える程度である。

READ  新型コロナウイルス感染を「咳の音」で検出可能なAIが開発されている無症候性の患者は、100%の検出 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close