バイデン大統領と岸田日本首相の会談専門

1 min read

ジョセフ・R・バイデン2世大統領は今日、サンフランシスコで岸田文夫日本首相に会い、グローバルおよび地域の安全保障問題について議論し、両国の安全保障と経済協力を進めることにしました。

両指導者はハマスとその恐ろしいテロ行為を非難し、イスラエルが自らを守る権利があることを再確認し、民間人の保護を含む国際人道法を遵守するよう求めた。 両首脳は、ガザ地区の民間人に緊急援助を提供するために共に努力することに合意し、紛争の拡散を防ぎ、政治的解決と恒久的な平和のために緊密な外交的協力を継続することを約束した。

両首脳は、ウクライナがロシアとの戦争から抜け出し、将来の侵略を抑え防御することができる民主的、独立、主権的で安全な国家に生まれ変わるようにウクライナを支援し続けるという決意を強調しました。 彼らは台湾海峡、朝鮮半島、東シナ海と南シナ海で平和と安定を維持することが重要であることを再確認しました。 両首脳はまた、中国とそれぞれの外交について議論し、緊密な共助を続けることにしました。

首脳は、米国のすべての能力に基づいて、日本の防衛に対するアメリカの意志を認識し、共同の課題を解決し、自由で開放的なインド太平洋のためのビジョンを発展させるために緊密に協力することに決めました。 去る8月の歴史的なキャンプデビッド三国首脳会談に基づいて、両首脳はすべての分野で韓国との三国協力を加速することに合意しました。 首脳はまた、経済協力の拡大を強調し、インド太平洋経済繁栄フレームワーク(IPEF)と日米経済政策協議会の2次会議(経済2+2)の大幅な進展を歓迎しました。

###

READ  市場を歪曲していないBOJのETF枚数、Kurodaは言う
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours