世界

バイデン氏ヒューで4年ぶりに初の毒復活 – ハリウッド:日刊スポーツ

民主党のバイデン前副大統領の愛犬チャンプ(AP)

米国の大統領選挙で当選確実となった民主党も、前副大統領の愛犬チャンプとメジャーの米国の関心が集まっている。 ホワイトハウスでは、歴代大統領が犬を飼っていて、愛犬は「ファーストドッグ」と、多くの場合、メディアに登場してきた。 しかし、潔癖症の嫌いと呼ばれるトランプ大統領は、過去100年の歴代大統領の中で初めて個ず、4年ぶりの毒復活することになった。 さらに、バイデン氏が飼っている2匹のジャーマン・シェパードの1匹メジャーは2018年にバイデン氏がデラウェア州の動物保護施設で収めた元保護犬の保護施設出身の犬として最初ファースト毒になるという。 選挙戦中愛犬に癒されていたバイデン氏は「再び本をホワイトハウスに戻そう」と訴えツイートをしたこともある。

米メディアによると、バイデン氏は、2008年にオバマ大統領の友人で選挙戦をしていたとき、「オバマが当選すれば、本をプレゼントする」と質婦人科約束して当選した後、現在12歳になるチェムプウル家族に迎え入れた。 ちなみに、オバマ大統領も当選後ポチュギズボーンウォータードッグボー2人の娘たちにプレゼントしている。 トランプ大統領も犬を飼う機会はあったが、知人の女性がホワイトハウスに連れて行くぴったりの犬を紹介したが、「犬のために使う時間はない」と断ったと伝えられている。

1897年に就任した第25代ウィリアム・マッキンリー大統領は犬でしたが、鳥や猫を飼っており、その大統領はトランプ大統領を除いてすべてが犬を飼っている。 一方、遺棄犬では、第36代リンドン・ジョンソン元大統領が1966年にテキサス州のガソリンスタンドで娘が拾ってきた犬の「ゆき」と命名ホワイトハウスで飼っていたことができ、遺棄犬はチャンプが最初のファースト毒はないという。 (ロサンゼルス=千歳香奈子)

READ  女性を「性奴隷」と烙印カルト顔負け団体の指導者の金庫120年、米国の写真4枚国際ニュース:AFPBB News

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close