経済

バイトダンス、TikTok米国事業での選択を再検討 – 中国政府の介入 – Bloomberg

短編動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」、米国での事業を禁止トランプ米国大統領の大統領令によってティックトックの親会社である中国のバイトダンス(北京者節跳動科学)が取ることができるオプションを制限ように見えた。 200億-300億ドル(約2兆1200億〜3兆1800億ウォン)で事業を売却したり、売却取引を結ばずに手ぶらで、米国を後ろかである。

しかし、中国政府が取引の承認に関与するプレビューしたもので、バイトダンス創業者の張一成氏は、選択肢を検討し、中国政府の関与による影響を熟考して、問題に詳しい消息筋が明らかにした。 非公表の内容と匿名を条件に語った関係者1人によると、米中両国政府と引数相手投資家のバイトダンス自分を受け入れることができるよう取引を絞ることがまだ可能かどうか、会社の規制担当チームと売却交渉担当者が議論を重ねている。

バイトダンス創業者の張一成氏

チックフリックの米国事業を巡ってマイクロソフトとオラクルの両陣営が交渉を本格的に進めて買収提案を提示する一方で、トランプ政府の承認を得るように働いても実施している。 Microsoftは米国の小売企業ウォルマートと共同買収を目指す一方で、Oracleはセコイアキャピタルなどベンチャー投資家の支持を受けた。

しかし、最終段階にある売却交渉に中国政府が割り込んで、米政府が設定した期限が過ぎてもチャン氏は、米国事業を支えている可能性のバイトダンスが売却交渉を完全にキャンセルする可能性すら浮上した。 元の複雑な交渉だけでなく、米中両国の政府の承認を受けなければならと、最終的には合意が結ばれるとしてもどうせ11月に米国の大統領選挙後になる公算が大きいとの関係者の一人は語ったしました。

新興技術業界を調査するシリコンドラゴンベンチャー創業者の中国の技術産業の著作権があるレベッカファニン氏は、売却価格よりもプライドが重視されるかもしれないとの見方を示した「最初から張氏は、世界的な企業を作ることを目標にしている。米国市場を除いては、その野望達成できない。チャン氏は一味違うし、とても独立志向この強い企業である。売却すると決めする可能性もある」と述べた。

関係者によると、交渉は流動的張が売却取引を続行する可能性もまだある。 引数候補と条件を交渉しながら、政府の要求を理由に取引を完了していない場合もあるである。

原題:
ByteDance長は、新しい中国の規則の後TikTokオプション見直し(抜粋)

READ  大容量バッテリー搭載の安価なSIMフリースマホ「moto g8 power lite」を第一印象! 外観と基本的な機能などを紹介[리뷰]- S-MAX

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close