経済

バイパスされた93億7000万ドルの70%。 日本の地震復旧予算は返されません



2021年2月1日の写真で千葉県茂原市にあるJapan Display Inc.の工場を見ることができます。 (毎日/関谷俊介)

東京 – 日本の再建庁は、災害被災地に関連するリモートのみを目的専用の1兆円(約93億7000万ドル)と、2011年の東日本大震災復旧予算の少なくとも70%が返されないことを発見しました。 。

予算の切り替えは、政府の2011年7月の再建政策で「日本経済が回復しない場合は、災害被災地の真の回復がないこと」という単一のフレーズをベースにしたものと推定されます。

3月11日は日本東北部を襲った地震と津波が発生して10年になる年ですので回復予算がどのように使用されたかの検証が必要です。

2013年財政部と再建庁は合計1兆157億円(約1,085億ドル)の資金が7つの省庁や機関の管轄全国23のプロジェクトに分配された資金が、災害の被害地域はお支払い予定され金額とプロジェクトに関連する会社に既に支払った金額を除いた資金の返還を要求しました。 しかし、23個のプロジェクトを調査した結果、最大3,398億円(約31億9000万ドル)だけ戻すと再建部毎日新聞に語った。

23件のプロジェクトのうち12個を管轄する経済産業省、単一の補助金プログラムに最も多くの金額(2950億円(約$ 277億))または全体予算の約4分の1を費やしてきた。 。 このプログラムは、災害により生産基地が海外に移転されると、国内産業が崩れるという仮定の下に工場やその他の企業の機械の購入をサポートして、人々が継続雇用されるようにします。 経済部は、経済的利益がサプライチェーンを通じて災害被災地に流れていくという予想に企業が全国的に補助金を申請することができると判断しました。 多くの主要な会社は、プログラムに基づいて補助金を受けます。

Hitachi Ltd.、Toshiba Corp. とSony Corp.のディスプレイ事業部は、2012年に合併し、政府が資金を支援するJapan Display Inc.を設立しました。この会社は、莫大な補助金を受けています。 約130億円(約1億2200万ドル)が千葉県茂原市にある工場と関連会社の資本支出をカバーするために割り当てられています。

ジャパンディスプレイは、「未来の雇用を支援する成長地域」と補助金の受益者に選ばれたが、実際には、部門が合併され、労働者の数が減少した。 その後ジャパンディスプレイは、不振事業実績に大規模な整理解雇た。

ジャパンディスプレイ広報チームは、補助金か出所と災害復旧との関係について、「部品サプライヤーが誰なのかなど、取引先の詳細については、公開していない回答するのは難しい」とだけ述べた。

再建設計協議会諮問委員会が3月11日災害後の約3ヶ月ぶりに政府に提案した災害復旧の7つの原則の回復の取り組みは、「すべての市民が連携して、共有 “しなければならないということです。 これにより、再建築の税金が引き上げられ、一般に経済的負担となり、10年に渡って、32兆円(約3億ドル)の巨大な再建基金が造成されました。

議事録によると、いくつかの “一体性”の原則が増税を暗示するという懸念を表明しました。 しかし、7大原則の5番目の原則が「日本経済が回復しない場合は、災害被災地の真の回復はない」という言葉が「一体性」を意味すると述べた後、議論が終わりました。 増税における原則は、日本経済にマイナスの影響を与えないことです。 この七つの原則は、政府の基本的な再建政策に含まれました。

神戸大学都市計画名誉教授塩崎芳光は、システム全体に疑問を提起した。

「「災害被害者」という用語は、七校長に含まれておらず、日本経済の回復を擁護したため、(予算)の切り替えを合法化し、実際の災害の犠牲者のための資金が減少したことがあります。 ”

(時報部関谷俊介日本の原作)

READ  日本の首相、円安の企業にマイナスの影響警告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close